タグ一覧

シナリオライターとは。仕事内容と必要なスキル

シナリオライターとはどのような仕事をするのでしょうか。また、シナリオライターに必要なスキルとはどのようなものでしょうか。ここでは、シナリオライターの仕事についてご説明いたします。

 

シナリオライターの求人情報

 

一般的なライターとは異なる視点

シナリオライターといっても一般的なライターと何が違うのか、違いがよくわからない方もいるかもしれません。
脚本や記事のライティングを行っているライターとシナリオライターの違いは、シナリオライターの場合、ゲーム制作においてフラグやフローチャートごとの攻勢をしなければならないこと、その中でシナリオを完成させて、1つのゲームとして作らなければならないなど、複雑な視点が多くなっています。
シナリオライターは、この全てを担当することになり、責任範囲が非常に広くなっています。

最近のゲームでは、シナリオライターが複数いることもあります。
シナリオライターが複数いれば、長いゲームの製作も容易になるためです。
ゲームはフラグや選択肢によってシナリオが変わっていくため、シナリオライターは、その選択肢をしっかり決めなければならないこと、その選択をゲームをプレイしている人により楽しんでもらうことなどを、シナリオの中に組み込んでいく必要があります。
非常に長いゲームになると、フラグの回収が難しくなったり、作っている途中でゲーム自体の方向性が変わることもあり、その調整はシナリオライターの腕の見せ所となるでしょう。

ゲームグラフィックのネームを書くことも

シナリオライターはそのシナリオをより良いものにするため、自分がコンテやネームを書いて提出する場合もあります。
本来グラフィックはCG担当が行っていることも多いのですが、シナリオライターがグラフィックの方向性を指示することもあります。
各担当者の意思を統一できなければ、せっかくいいシナリオを作ったのに、それに反したグラフィックではゲーム全体の統一感が崩れてしまうためです。

同じシナリオは作れない

シナリオライターが悩むポイントは、当たり前ですが同じシナリオを2つ以上作ってはいけないことです。
特に恋愛ゲームにありがちなことですが、ゲームのシナリオが似ているとか、過去の作品と同じような展開になっているなど、ユーザーから指摘されてしまうのことは避けなければなりません。
シナリオライターは、常に新しいオリジナルのシナリオを考え続けなければなりません。
 

 

シナリオライターの求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP