タグ一覧

仕事をする上で失敗を恐れないことが大事

仕事をしている時には失敗はつきものである

人生において、成功することもあれば失敗すると言ったこともあります。
特に、社会人になりたての新入社員は、会社生活の中で仕事をなるべく失敗をしないように努力をするように心がけているかと思われます。
「石の上にも3年」という言葉がありますが、社会人でも仕事に慣れるまでに約3年はかかると思われます。
その3年の中で、いかに多くのことを学び、経験しノウハウや知識を蓄積すること。
それが、この3年間で一番大事なことではないでしょうか。
しかし、大事なことは失敗を恐れないというような気構えを持つことです。
そのような気持ちがない限り失敗した時に、大きな挫折感を味わうことになります。
そのような意味で、失敗を恐れぬということが一番大事なことなのです。
一方で、仕事を進めるにあたり、失敗はつきものであるといったことを自覚しておく必要もあります。
というのも、慎重かつ緻密に物事を計画し進めて行こうとしたとしても、予想外のことが起きることも大いにしてあるからです。
まず、何事にも積極的に取り組むことは必要ですが、失敗を恐れないと言ったことも若い社会人として自覚しておくべき大事なことではないかと考えるのです。

失敗から学ぶもの

社会人の5年生、10年生といった諸先輩方にも、若い時にはたくさんの失敗をしたことだと思います。
大事なことは、その失敗をバネにして、次に活かすといったことです。
よくあることは、失敗した後にその原因を突き止めずに、また新しいステージに進むことです。
これこそ一番、恐ろしいことではないかと思うのです。
トラブルや失敗があった時に一番大事なことは、後から検証することです。
検証することによって、どのようなことが原因でトラブルを招いたのか、失敗につながったのかということをハッキリと突き止めることが大事です。
それは再発防止のためでもあるのです。
世の中は、想定外の出来事ということが、非常に多くなってきています。
それが故に、過去の経験を今の状況に照らし合わせて、どのように対処すればいいかということにもなってくるのではないでしょうか。
一番、大事なことは過去の経験を次に活かすといったことです。
そのような意味では、失敗したことをきちんと自分の中に落とし込んで、理解をしながら次のステップに進むと言ったことが、新たな成功につながるというふうに考えられるのです。

成功し続けた人は失敗した時に挫折しやすい

サラリーマンの中でも、ずっと失敗をせず成功し続けて、出世街道を歩いてきた人も少なくありません。
これは成功体験に基づく自信からくるもので、これもサラリーマンとしての生き方のひとつでしょう。
しかし、もし自分の身に予想し得なかったトラブル、あるいは失敗が起こった時にどのように対処できるかといったことがあります。
成功し続けた人が、いざ、失敗をした時には、その対応の仕方が、分からないのかも知れません。
失敗を重ねることによって、豊富なノウハウや体験を蓄積しているものに基づいて、対処の仕方が見えてくると思われます。
ビジネス社会で大きく成功してきた人々は、同時に大きな挫折も味わってきています。
しかし、それをバネにして次に活かして、少しでも小さなチャンスがあれば、その経験を最大限に活かして、大きな成功に結びつけているはずなのです。
従って、サラリーマンをやっている間は、必ずしも成功の連続と限りません。
中には、失敗もあります。
しかし、その失敗をいかにプラスに転じることが大事なのです。
そのような機転が効く人は、幾度となく失敗から学んだ知恵とノウハウが胆力となって生きているのです。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP