タグ一覧

アパレル・ファッション系生産管理は生産状況を把握する

海外で生産されている状況を確認する

日本で生産されているファッション用の服は、大体が海外で生産されているものとなっており、国内の工場で生産しているものはわずかにすぎません。
これは、海外の方がコストが安くなっているためであり、国内よりも格安で生産して、販売することができるためです。
ファッションの生産をしている工場と、連絡を取り合いながら管理をしていくことは、非常に重要なことになっているので、生産管理をしている人が当然出てきます。
同じものを生産しすぎると、大量に生産されてしまうことによって、在庫が多くなってしまうことがあります。
在庫量が多くなりすぎると、さすがに生産を続けることが難しくなってしまうので、この商品の生産を止めて、この商品の生産を増やすように管理を行います。
大量に在庫を溜めないように、増やしていいものとそうでないものをしっかり分けるようにしています。
増やしていいものは積極的に生産、そうでないものは在庫の状況を把握して、生産を行うかどうかを決定しています。
海外の工場との繋がりを持っている場合は、基本的に現地の管理者に対して、しっかり指示を伝えることになります。
生産管理をしている人は、現在の在庫の状況を把握しながら、何を優先して生産しなければならないのか、現在生産されているものでも、これは在庫として増やすことは難しいと思っているなら、止めるための作業をしなければなりません。
ファッション系は、季節によって生産するものを変えなければならないので、在庫の状況管理はとても大切なことです。

大量生産の場合は複数の工場がある場合も

特に大手では、大量に工場を抱えていることがあり、同じものを大量生産していることもあります。
この場合は、ファッション関連の生産管理は、複数のところに分けることになります。
その工場に対して、生産管理をしている人がいるような感じになり、全ての人が同じデータを共有して、この生産を進めるべきなのか、止めて別の商品の生産を行うべきかを考えています。
複数の工場に分かれている場合は、商品自体を分けていることも多いのですが、中には同じ商品を生産している工場があります。
ファッション関連の生産をしている場合は、とにかく状況の把握をすべての管理者が共有していること、そしてそのデータを見ながら、量が多くなっていることを知った場合は、在庫が減るまで生産を減らすなどの対応をすることになります。
アパレル関係では、在庫が多すぎるものの生産は避けることになっているので、減るまでは生産量も減らさなければなりません。
全ての生産管理が、そうしたデータを共有できるように、統括しているところから確実なデータが出てきます。
自分たちが生産しているものは、現時点でどれくらいの在庫があるのかを判断して、最終的に在庫を増やしすぎないようにする対策を取ります。

生産スピードアップなどの対策も考える

在庫が不足している場合は、生産状況を考え直さなければならないので、生産管理をしている人が、何をすればスピードアップを図ることができるのかを考えます。
ここが遅くなっている原因だと考えられるようなら、その部分に人数を配置したり、新しい設備の導入をお願いしたりします。
生産を管理している人が、なぜこの生産が遅れてしまっているのか、ここも検討していかなければなりません。
ファッション関連では、大量生産によってしっかり在庫を増やしていかなければならないものもあります。
在庫がなかなか増えないようになっている場合は、問題が起きてしまうことを避けるためにも、早めに生産できる方法を考えなければなりません。
これが人数不足なのか、設備不足なのかによって、管理をしている人が施策を考えて、確実に対応できるようにしています。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP