タグ一覧

放送作家とは。仕事内容と必要なスキル

放送作家とはどのような仕事をするのでしょうか。また、放送作家に求められるスキルとはどのようなものでしょうか。ここでは放送作家の仕事についてご説明いたします。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

放送作家とは

皆さんは放送作家という職業をご存知でしょうか?恐らくはテレビなどで聞いたことがあるという人も多いのではないかと思います。
放送作家の仕事はテレビやラジオなどの番組の台本を書くのが仕事です。
その台本というのはドラマなどではなくバラエティやドキュメンタリーなど様々な番組の台本の事です。
これを聞いてドラマや劇じゃないんだから台本なんてないんじゃないのと思うかもしれませんが、皆さんが普段見ているどんなテレビ番組でも台本は存在します。
そして概ねがその台本に沿って収録されているのです。
もちろんそこに書かれているのは大枠の構成であり、セリフの一つ一つまで正確にきめられているわけではありません。
ですが番組がどういった構成で進められていくかはその台本にしっかりと書かれています。
ですから放送作家の事を構成作家と呼ぶこともあるようです。

ですが放送作家は台本を書くだけが仕事ではありません。
番組が無ければ台本が書けませんから、台本を書くにはまず番組の企画をする必要があります。
その企画立ての中心になって番組全体の構成を行い、台本に書き起こすまでが放送作家の仕事になるわけです。

番組を企画するためにはまず企画会議を行う必要があります。
放送作家はプロデューサーやディレクターなどと共に会議に参加し、企画を提案しなくてはなりません。
その中で出たアイデアや決定事項を企画書にまとめていき、番組の全体の構成や出演者が話すセリフ、場面の設定、ナレーションなどを考えて台本として仕上げていきます。
さらには台本を書く作業と並行して美術担当などの製作スタッフとの打ち合わせも必要になっていきます。

台本は文章ですが番組は立体的なものです。
両者を擦り合わせてよりよいものに調整していく必要があるのです。
テレビ番組が無数にあるように放送作家も無数に存在します。
ほとんどの放送作家は多くのジャンルに手を出す事は無く自分の専門分野を中心に仕事することが多いようです。
番組を面白く構成するためにはその番組に合ったセンスが必要ですから、必然としてそうなるのでしょう。

放送作家に必要なスキル

放送作家に必要とされるような学歴や資格は存在しません。
ですが放送作家としてやっていくためにはまず台本を書くための日本語力と文章力が必須です。
そしてその台本を書くために番組を企画しなければならないので、企画を立ち上げる為の発想力や周囲とのコミュニケーション能力も必須です。
企画会議ではそれを通す為のプレゼンテーション能力も必要となって来るでしょう。

放送作家になるには

残念ながら放送作家にはこうすれば放送作家になれるというような決まったルートがありません。
放送作家になる為の道のりは無数に存在するようで、例えば制作会社のADになって業界にコネを作り転身する人もいれば、コツコツと企画を書き上げて制作会社に持ち込みデビューする人もいるそうです。
また脚本家や芸人など同じ業界から転身して放送作家として成功する人もいるようです。

すでに活躍している放送作家の弟子になってそこから放送作家ということもあるようですが、それにはある程度のコネが必要になるでしょう。
少し昔ですと、ラジオのはがき職人からスカウトされて放送作家になることもあったようです。
放送作家になるには放送作家になりたいという熱意の元に手当たり次第アタックしていく覚悟が必要なようです。

最後に

昨今では番組制作費の削減によってディレクターが放送作家を兼任するなど、その仕事は減少の傾向にあるようです。
しかし、ネット上にコンテンツが生まれるなど放送作家の活躍の場は別の場所で増えているともいえます。
今から放送作家を目指すという人も諦めずにその道を探してみるとよいでしょう。
 

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP