タグ一覧

CGデザイナーとは 仕事内容と必要なスキル

CGデザイナーって?

みなさんはCGデザイナーという仕事をご存知でしょうか? 知らないという人でも名前だけ聞けば分かるという人も多いのではないでしょうか。
CGデザイナーとはその名の通りCG、つまりはコンピューターグラフィックスのデザインを行う仕事です。
CGデザインはまずはデッサン画を元に形状データを作成するモデリングを行い、それを画面に配置した後に光源などを加えてリアルな形状にしていき、そこに必要に応じて様々な動きや効果を加えていきます。
これらのグラフィックスは映画やゲーム、アニメーションなどではもちろんですし、3Dで自由に動かせるグラフィックは非常に汎用性が高く建築や車に機械設計までのとても広い分野で使われています。
これらの事からわかるようにCGデザイナーを求めている業界は多いのです。
特に営業業界はその頻度が高いせいか常に人材不足であり求人の頻度は高い傾向にあります。
それ以外の職場も少ないわけではないので望む職場に就きやすい職業だと言えるでしょう。
それ以外にもCGデザイナーの利点として在宅勤務が可能な職であることが言えます。
基本的にPCと環境が整っていればどこでも作業が可能な仕事ですから女性が育児などで家を離れていない状況でも対応することが出来ます。
もちろん会社などによって条件があるでしょうが在宅勤務が可能なところも探せば見つかる事でしょう。

CGデザイナーに必要なスキル

CGデザイナーになるにあたって必要とされるような学歴や資格は存在しません。
ですがCGデザインが出来ることが当たり前ですが必須のスキルです。
ではCGのデザインスキルはどう身に着ければよいのかですがこの方法はいくつかあります。
その中でも一番簡単なのはCGデザインを教える専門学校に通う事です。
お金はかかりますが専門講師にCGデザインを基礎から学ぶことが出来ます。
どんなことにも学び始めるのには何かしらの取っ掛かりが必要です。
専門学校はそのとっかかりから教えてくれるので最初に躓くという事もありません。
確実にCGデザインのスキルを身に付けたいのなら有力な選択肢でしょう。
CGデザイナーになるには資格等は必要ありませんが資格がないわけではありません。
就職の際には有利になりますし在学中に取っておくのも選択肢の一つでしょう。
さて専門学校に通わないのなら独学で学ぶしかありません。
CGデザインは機材さえあれば行えますし、専門書などもありますからそれ自体に問題はないでしょう。
しかし最初にある程度地力が身につくまでに専門学校とでは大きな差があるのは否めません。
就職の際にも独学では技術レベルを相手側も把握しにくくなります。
ですので独学でCGデザインを学ぶならば就職をするまでの間に自身のデザインなどの作品を貯めて相手に売り込む必要が出てきます。
専門学校出ならば相手も最低限の技術を学んでいることを認めてくれますが、そうでないのなら自分の作品で実力を見せるしかないのです。
これらのことを踏まえるとCGデザイナーになるには専門学校へ行った方が無難でしょう。
しかしデザインは才能が多くいく影響するものですから自分に自信がある人はあえて独学でそれを伸ばすのもいいかもしれません。

CGデザインに就くためには

CGデザイナーは様々な業種で求められる仕事であり求人も比較的多く見られます。
中には未経験者募集なんて文句のある募集もありますが当たり前ですがCGデザインのスキルは必須です。
未経験者に一からCGデザインを教えてくれるわけではありません。
CGデザイナーになるためにはまずCGデザインの技術を身につけるところから始めましょう。
それさえ身についていればその道は拓けているのですから。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP