タグ一覧

一般事務の仕事とは。仕事内容と必要なスキル

一般事務とはどういった仕事をするのでしょうか。一般事務の仕事内容と必要なスキルとはどのようなものでしょうか。ここでは一般事務の仕事についてご説明いたします。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

一般事務とは

一般事務という職種は、その名前くらいなら誰もが聞いたことがある職業ではないでしょうか。
ただ、その具体的な仕事内容についてはあまりご存知でない方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、ここでは一般事務の具体的な仕事内容について触れてみたいと思います。

一般事務は民間企業や公営組織、団体において資料や契約書などの書類の作成の他に、電話や来客の応対、メールの管理や郵便物の整理、ファイリング、データ集計などなど、その職場において必要とされる事務作業を行う仕事です。
それこそ、その内容は働く企業によって様々であり、中には経理や庶務の仕事を任されたり部署によっては専門的な仕事を任されることもあるようです。
しかし、基本的にその企業においての雑務的な事務仕事を行う仕事と思ってよいでしょう。

一般事務の仕事は基本的に単純作業の繰り返しであり、あまり重要な仕事には思えないかもしれません。
しかしそれらの雑務がなくてはどの仕事もうまく潤滑していかないという重要な仕事でもあります。
一般事務が資料や契約書などを用意しておくからこそ、他の社員が営業や契約に速やかに赴むくことができるのです。
無数の書類やデータも適切にファイリングや集計がされずに放置されたままでは参考にする事も難しいでしょう。
縁の下の力持ちであることから感謝される機会が多い反面、人によっては雑務担当という事で軽い扱いに見られ、少しのミスで文句を言われるようなこともあるかもしれません。
それらの事をぐっとこらえサポートに徹することが出来る人にこそ向いている職業であると言えるかもしれません。

一般事務に必要なスキル

一般事務に就くにあたって特に必須とされるような資格はありません。
ですがどの職場でもパソコンを使った作業を必要とされますので、ワードやエクセルといった一般的に使われているソフトを最低限操作する技術は必要です。
それほど難しいものではありませんから働きながら覚えてもいいですが、出来ることなら事前にマスターしておく方が良いでしょう。
それらを扱えるという点は面接の際のアピールポイントにもなります。

また、電話や接客などの応対をする必要がある場合もありますから基本的なビジネスマナーや常識は必要です。
来客もですが社内の人間との円滑な関係を築くためにもコミュニケーション能力は高いに越したことはないでしょう。
先にも記述しましたが、一般事務はともすれば雑用係と見られかねない職務でもあります。
職場の人間と良い関係を保つことは、偏見で見られない為にも必要な条件となるでしょう。

繰り返しになりますが、一般事務は様々な業務の企業で募集されています。
企業によっては特定のスキルが喜ばれることもあるかもしれませんので事前に調べておくとよいでしょう。
うまくすれば面接でも有利になるかもしれません。

一般事務に就くには

最初にも書きましたが一般事務の募集は比較的よく見かけます。
派遣スタッフや契約社員としての募集も多いので比較的容易に見つけることができるでしょう。
しかし企業によって業種はやはり様々ですので、自身にあった会社をきちんと選ぶように気を付けましょう。

一般事務の平均年収

平均年収目安は、357万円 です。
ご紹介している平均年収は、全年齢を対象にした平均値の目安年収(30代前半程度の年収帯)です。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP