タグ一覧

情報セキュリティとは。仕事内容と必要なスキル

あなたは、「情報セキュリティ」という職業についてどのようなイメージを持っていますか?世の中は今様々な情報が大量に出回っています。この情報は顧客の重要な情報を含んでいることがあります。この情報が流出して大変な事件になることもあります。そうしたときに頼りになるのが、情報セキュリティという職業です。情報セキュリティがいったいどのような職業なのかをご説明させていただきます。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

情報セキュリティとはどんな職業なのか?

「情報セキュリティ」とは、インターネットやPCに取り込んである情報を外部に流出させたり閲覧出来ないようにするための対策や、コンピューターウイルスの侵入を防ぐこと、情報を破壊されないようにする職業です。

現代ではインターネットは必要不可欠になっています。
どんな企業でも個人でも、様々な情報が大量にそして手軽に入手出来るようになっています。
それは便利な反面、危険を伴っているのです。
例えば、企業の大切な取引の情報や、個人ならば住所な名前などのプライベートな情報が、コンピューターウイルスなどに感染し、外部に流出してしまうことがあります。
こうした情報が外部に漏れてしまうと、企業なら取引先から信用を失い、個人ならば詐欺などの犯罪に巻き込まれる可能性があります。
大事になれば、政府が機密事項にしている防衛に関する情報が外部に流出してしまうなどが挙げられます。
こうしたトラブルにならにように防止することや、壊されたデータを復元することが情報セキュリティの主ない仕事なのです。

情報セキュリティになるためには

情報セキュリティになるためには、情報に特化した学科のある大学や専門学校へ通うと良いでしょう。
情報に関することの深い知識と、PCを中心にした情報の処理や情報セキュリティの技術を学ぶことが出来ます。
その後、情報を主に扱っている企業などに入社しましょう。
しかし、こうした学校に通って卒業するだけでは不十分です。
なぜなら情報の分野は常に新しくなるからです。
セキュリティソフトは次々に新しくなっていきますので、それに追いつくための勉強が常に必要です。
また、ハッキングやクラッシャーの巧妙化する手口にも常に対応出来るように知識や技術を深めていかなければなりません。
色々なPCなどのデバイスに強くならないと操作も出来ませんので、あらゆる情報機械に通じる必要があります。

情報セキュリティはどんな人に向いているのか

情報は常に新しくなっていきます。
情報化社会に常に追いつくようにするための努力はもちろんですが、高い向上心や根気が必要です。
惜しみなく努力出来る人が向いていいるといえるでしょう。

顧客の情報に触れることが多いので、その触れた情報を外部に流出させないようにしなければなりません。
機密情報を他人やインターネット上に漏らすことはご法度です。
情報セキュリティという職業には、高いモラルが必要になります。
顧客から信頼される人柄も大切です。
重要な情報を任せるのですから、顧客が安心出来るような高い情報技術を持つようにしましょう。
また、アフターケアも重要です。
情報セキュリティは顧客の質問に素人がわかるように説明出来るようにしなければなりません。
説明をするコミュニケーション能力も重要になってきます。

情報セキュリティの平均年収

平均年収目安は、600万円 です。
ご紹介している平均年収は、全年齢を対象にした平均値の目安年収(30代前半程度の年収帯)です。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP