タグ一覧

テレアポの仕事とは。テレフォンアポインターの仕事内容と必要なスキル

テレアポとはどのような仕事をするのでしょうか。また、テレアポの仕事に必要なスキルとはどのようなものでしょうか。今回はテレアポの仕事について調査しました。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

テレアポとは

テレアポとは、商品販売を目的として、個人や企業に電話をかける人、もしくはその業務のことを指します。
電話応対にはインバウンドとアウトバンドがあり、テレビショッピングやカタログ販売を見て電話をかけてきた顧客の注文受付を行うのがインバウンド、名簿などのリストを元に顧客に電話をかけて契約を獲得するのがアウトバウンドとなります。

テレアポの業務はアウトバウンドです。
いわゆる営業電話、勧誘電話と呼ばれるものです。
企業の営業手法としては、DM郵送、Eメール発送などもありますが、これは顧客が開封、内容確認をしているか確認できません。
テレアポは、直接顧客に電話して商品説明を行い、契約もしていただこうという業務です。
発信先はあらかじめ用意してあるリストを元に、性別、年齢、勤務先、過去の購入履歴などを見て見込み客に電話することになります。
業界により差はありますが、おおよそ100件電話をかけて、1件契約が取れれば優秀なテレアポとして認められます。
テレアポの業界は、不動産、保険、投資商品、インターネット回線など、高額もしくは長期契約の商品が多い傾向にあります。

テレアポのメリット

テレアポのメリットは、時給が良い点です。
時給1,000~2,000円が相場です。
時給が高単価な理由は、高額商品や長期契約商品を扱っているので、契約時の売上が高いからです。
契約獲得時にインセンティブ(報奨金)が出る職場もあります。
このような職場は頑張れば頑張るほど稼げる職場です。

また、テレアポは個人業務です。
自分のペースで一人で仕事をしたい人には向いています。
業務内容も同じことの繰り返しなので、工夫次第ではどんどんスキルを高めていくことも可能です。
第三のメリットは体力的に楽なことです。
空調の効いた部屋で座って行う仕事なので、体力は使いません。
また、上司も近くにいるので、困った時には相談、もしくは電話を代わってもらうことも出来るでしょう。

テレアポのデメリット

テレアポのデメリットはストレスです。
顧客は突然の電話に不信感を露わにする場合があります。
「あんた誰?」「いったい何の用?」「なんでウチの電話番号を知っているのか?」「2度とかけてくるな!」これらの発言に対し、相手のペースに合わせて回答したり謝罪しながら、販売したい商品の話を持ちかけます。
話を聞いてくれても「主人でないと決められない」「考えておく」「いらない」と言われることもあるので、後日かけ直すこともあれば、その場であきらめるしかない場合もあります。

ちなみに、かけた電話に対して、しつこく文句を言う顧客もいます。
このような時は、早めに電話を切り上げる必要がありますが、電話を切りにくい状況で電話を切るには、テクニックや度胸がいります。
顧客にとっては迷惑電話なので、こちらから切ったとしても、折返してまで電話をかけてくることはありません。
第二のデメリットは作業が単調なことです。
1時間100件程度は電話発信をします。
発信してもつながらない場合もありますし、つながっても話を聞いてくれない場合もありますし、聞いてくれても契約につながるかわからないので、同じような電話を何回も何回も発信する必要があります。
第三のデメリットは、契約が取れない可能性があることです。
時給が高単価な理由は契約を取れることが前提にあります。
何日も何日も契約が取れないと、素質ナシと判断され、仕事をクビになる可能性もあるでしょう。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP