タグ一覧

BtoCの企画営業の仕事内容と必要なスキル

BtoCとは?

BtoCとは、一般消費者に対する商品やサービスを提供する仕事を意味していますが、企業は商品やサービスをお客様に提供しながら、販売を上げて収益を確保していく必要があります。
そのためには、自社が取り扱う商品をいかに販売を伸ばす方法をプランニングし実行することが必要です。
その仕事を中心に行っている部門が、企画営業という部署になってきます。
商品やサービスの販売拡大をさせるために必要がことは、販売するための具体的な施策を企画・立案・実行していくことです。
販売施策に色々な方法があります。

BtoCの企画営業は様々な販売戦略を練り実行

一つは販売キャンペーンです。
期間を定めて、期間中に特別価格設定や付加価値の高いサービスをつけて、販売する方法が一般的なのですが、キャンペーン策を立案するためには、販売企画台数・価格を設定し、どのようなルートで推進していくかをまとめ上げます。
商品にもよりますが、販売ルートとしては、既存取引の代理店、家電量販店を選定し進めていきます。
必要に応じて、目標台数達成に応じた報奨金を必要になってくるでしょう。
キャンペーンに掛かる費用を含めて、費用対投資効果を計りながら、実行していくことになります。
また、代理店、量販店の営業マンに対する施策もあります。
自社製品の商品研修、販売研修を企画・実行すると同時に先日のキャンペーンの落とし込みから実行することも必要です。
一方で、対外の展示会、イベントに出品展示という方法で販売を延ばしていくということもあります。
展示会では、多くの人が集まってきます。
特に関連業界の展示会であれば、有力な顧客層として有望なので、ここに来場された方々のアフターフォローも重要に販売企画の仕事となるでしょう。
最近では、インターネットを活用した販売施策も行われるようになりました。
最近の企業のほとんとが、ホームページを持つようになっています。
このホームページに広告を掲載することで、商品やサービスの告知をすることも、ある種の販売施策となってきます。
代理店、家電量販店ても同様で、相手のホームページに広告掲載することの効果は、いかに多くの消費者、利用者に大きなインパクトを与えるか、計り知れないことがなるのですが、宣伝広告のトレンドと言っても過言ではありません。
但し、広告宣伝は一般的に広報部が受け持つことが多いので、具体的な戦略は企画営業が行うにしても、実務は広報部に委託運営するケースになると思われます。

企画営業におけるBtoCとBtoBの違い

BtoCは法人企業との取引とは異なり、相手が不特定多数の人々が対象になります。
従って、現行商品の評判や次期商品開発に対する利用者の意見、要望をヒアリングするには、直接的なヒアリングが難しい面があります。
販売代理店ルートや家電量販店を通して、意見を確認したりインターによるアンケート調査を図ったりすることも、仕事の一環として求められることも出てくるでしょう。
現行商品のアフターフォローはサービスメンテナンス部門、次期商品開発は、商品企画という部門が受け持つことになるのですが、それでも企画営業がイニシアチブを持って進めていかなければ次には進めない程、重要な部門であることは確かなことです。
一部門が企業の経営を支えるということはありえませんが、自部門が会社の代表であり、顔であるという自覚と誇りを持って仕事を進めることが求められるのです。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP