タグ一覧

女性リーダーのためのコミュニケーション術

女性がリーダーになった際に、特に気をつけたい部下とコミュニケーションを円滑に取るためのコツを5つ紹介します。

 

女性が活躍している企業の求人情報

 

職場でリーダーになると、部下たちとのコミュニケーションをうまく取ることは大事なことです。
特に、女性のリーダーの場合、まだまだ男性のリーダーが多い中、部下としても女性のリーダーにどう接すれば良いのかと不安を感じるもの。
女性のリーダーになったら気をつけたいコミュニケーションの方法について、詳しくご説明しましょう。

聞き上手になる

リーダーが部下とコミュニケーションをするために重要なのは、自分が話すことだけではありません。
むしろ、リーダーになると相手の話を聞く方が、重要になります。
なぜなら、リーダー自身が仕事の実務を担うことももちろんありますが、実質の実務を行うのは部下たちなので、リーダーは実働部隊である部下たちの報告を聞く立場になるからです。
そして、女性のリーダーの場合、持って生まれた母性本能のせいなのか、部下の言うことに先回りしてどんどん意見を言ってしまう人が多いようです。
そうすると、部下は萎縮してしまい、自分の意見を言うことができなくなってしまいます。
部下がのびのびと意見を言えるような関係を築くまでの間は、とにかく相手の意見に耳を傾けるようにするのが良いでしょう。

ホワイトボードを使う

チーム内で仕事の話をする時には、ホワイトボードを使うのが効果的です。
特に、女性の場合、頭の中にきっちりと仕事のイメージが出来上がりすぎて、それをうまく部下に伝えることができないことが多々あると思います。
男性のリーダーなら、「ちょっとイメージと違うけど、だいたいこれでいいか」となるところを、女性リーダーの場合は女性特有の細かい性質から、部下が出した結果を見て「そうじゃないのに!」ということになることが多いのではないでしょうか。
自分の中のイメージを相手に正しく伝えるためには、ホワイトボードや紙などに欠いて伝えるのが一番です。
そして、イメージを書いてお互いが共有することで、意見を交わしやすくなります。

自分と違う意見を大事にする

女性には、自分と同調してくれる意見に、より耳を傾けやすいという性質があります。
それは、女性の安心を求めるという性質から来ているのかもしれません。
しかし、自分と同じ意見だけを聞き入れていては、良い仕事はできないはずですから、意識して自分とは違う意見を持つ人の言葉に、耳を傾けるようにすることが重要です。
そうすれば、上司と違う意見であっても採用されるという安心感から、部下は自由な意見を出しやすくなります。
リーダーが自分とは違う意見に耳を傾ける努力を続ければ、自然と風通しの良い職場になっていくことでしょう。

女性のきめ細かな心配りを生かす

男性よりも人に対してきめ細かい配慮をすることができるという女性の特性を生かせば、女性リーダーはより良い人間関係を築くことができます。
男性リーダーにはワンマンなタイプが多く、どんどん部下を引っ張っていくことができます。
もちろん、女性リーダーでもそれは可能ですが、もともと女性が持っているきめ細かい配慮をプラスαで生かすことができれば、男性リーダーが率いるチームよりもより完成度の高いチームを作り上げることができるのです。

雑談を大事にする

リーダーとしてチームをまとめ上げるためには、雑談をすることは意外と大事なことです。
女性同士なら雑談しやすいかもしれませんが、女性リーダーと男性の部下の場合、意識して普段からコミュニケーションを取っておくようにしましょう。
そうすることで、部下がリーダーに相談しやすくなりますし、雑談の中からお互いのことを知ることもできます。
例えば、部下が、 「ちょっと、仕事で失敗しちゃったな。
相談したいな」 と思っても、普段からコミュニケーションが取れていなかった場合、ハードルが高すぎて部下からはなかなか相談できません。
その結果、相談するタイミングが遅れて問題が大きくなってしまうということもあるのです。
リーダー側としても、部下が困っているかどうかということは、普段から頻繁に話をしていなければわかりません。
このように、雑談はお互いのコミュニケーションを円滑にするための、立派なツールなのです。

 

 

女性が活躍している企業の求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP