タグ一覧

ルートセールスの仕事内容と必要なスキルとは?

ルートセールスの仕事とは?

ルートセールスとは決められた一定の顧客や得意先を巡回するセールスの手法で、一般的なセールスとはその仕事の行ない方が大きく異なります。
通常のセールスの場合は決められたルートを回るのではなく、飛び込みで新規の顧客を開拓するといった仕事となりますので、ルートセールスに比べてセールスマンの技量が非常に重要になってきます。
一方のルートセールスの場合は決められた巡回先だけを定期的に周り、頼まれた商品の配達や巡回時に注文を取ってくるといった仕事のスタイルとなります。
そのため新規開拓先を増やすということはほとんど無く、お得意様を回り御用聞きをするといった印象の強い仕事となります。
一見同じ場所だけを回ればいいので非常に楽な仕事のように見えますが、同じ場所を巡回するためセールスマンと巡回先の企業や顧客との信頼がとても重要になりますし、信頼を築けない場合には巡回ルートからお得意様を失ってしまうといったことも起こり得ますので、新規開拓の必要は無いですがその分今の顧客をいかにして繋ぎとめる事が出来るかが重要な仕事となります。

ルートセールスに必要なスキルは?

ルートセールスの場合特別なスキルは必要ありません。
通常のセールスの場合は話術などが長けているほうが新規獲得が行いやすいと言えますので、話術などのスキルが非常に重要になってきます。
しかしルートセールスの場合はあらかじめ決められたルートを回り顧客に頼まれた商品の配達といった仕事が多くを占めるため、話術が無くてもそれほど困ることはありません。
ただし頻繁に同じ人と会うということになりますので、印象が悪くならないように身だしなみを整えるということや、挨拶がきちんとできる、常に笑顔で嫌な顔を見せないといった気配りは必要となってきます。
ルートセールスの印象が悪ければ、その会社の印象も悪くなりますし、印象の悪いところとの取り引きは行いたくないという人も少なくありませんので、ルートセールスを行う場合にはスキルは無くても最低限のビジネスマナーと身だしなみを整えるといったことは必要となります。

ルートセールスで成功するためには?

ルートセールスの仕事で成功するためには、ルートで回る企業や顧客とのコミュニケーションを上手にとれるかどうかということと、巡回先の企業などに対し有益な情報を提供できるかということが重要になります。
定期的に巡回するだけでは一定以上の売上は確保できませんので、やはり巡回先に対し新しい製品の紹介や自分自身を売り込み信頼を得て、それを足がかりにしてさらに商品の購入を勧めるということが成功するためには必要となってきます。
それが出来ない人はただ単に巡回ルートを回り言われたことだけを行うという仕事しか出来ませんので、ルートセールスとして成功することは難しくなります。
それとルートセールスの場合、土日や祝日でも巡回先を訪問する必要も出てきますので、通常のサラリーマンのようなカレンダー通りの仕事とはならないことが多いということも知っておく必要があるでしょう。
基本的に巡回先の企業や顧客にあわせたサービス提供を必要とされるのがルートセールスという仕事となります。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP