タグ一覧

営業マネージャーの役割や仕事内容とは?

営業マネージャーとは?

営業の仕事を成功させるためには、仕事に携わる営業マン一人一人が明確な目標を持ち正しい営業スタイルで顧客と接する必要がありますが、なかなかそれを一朝一夕で身につけることが難しいですし、同じ目標を共有するのも困難だと言えます。
それをまとめ上げ営業のノウハウを営業マンに教えて管理するのが営業マネージャーと呼ばれる仕事となります。
営業マネージャーは営業が仕事ではなく、営業を行う営業マンの管理や売り上げ目標などの設定、如何にして営業を効率よく行えるかといった営業に関するプロセスの構築やそれを部下である営業マンに教えることが主な仕事となります。
マネージャーという名前が付いているように、営業マンを管理し育てるのが仕事の要です。

営業マネージャーの役割と重要性<・h2> 企業の営業マンが優れている場合、売上アップやそれによる企業の成長にも繋がります。
そのため営業マンの能力が非常に重要になってくるわけですが、営業を行う人全てが優れた能力を有しているわけではありませんので、どうしても営業マンごとに営業成績にばらつきが生じてしまいます。
一人だけ優れた営業マンがいても他の営業がだめならば、会社の業績はアップしませんから、そうならないように営業マンを教育し育てるのが営業マネージャーの役割となります。
営業マネージャーが正しく営業マンを管理し教育を行っていれば、営業マンの営業スキルや基本的な営業スタイルというものにばらつきが出てこなくなり、ある一定以上の営業成績を確保できるようになります。
しかし営業マネージャーの管理が行き届いていない場合には、営業成績が伸びないということも考えられますので、営業マネージャーの責任は非常に重い物となります。
営業を行う営業マンは一人一人個性も違いますし、能力も異なります。
それを正しく認識して一人一人に合った営業スタイルを見出すことも、営業マネージャーの役割となります。
その場合、自分が営業マンだった頃の経験を押し付けても、それは営業成績をアップさせることには繋がりませんし、自分の経験はあくまでも経験であり、他の営業マンの営業スタイルに合致するとはいえませんので、自分の考えを押し付けるのではなく、管理している部下の性格などを理解して営業スタイルを教えていくことも重要となります。

営業マネージャーに必要なスキル

営業マネージャーに必要なスキルとしては、人を管理することになるため管理能力が必須となりますし、営業のノウハウを新人営業マンなどに教える必要もありますので、それをわかりやすく教えることが出来る能力も必要です。
それを部下を管理するための観察力や、営業成績の管理や営業目標の設定といったこともマネージャーの仕事となるのでそれらを正しくまとめていくことが出来る事務能力もあると良いでしょう。
そして営業に関する事柄を何度も繰り返し教えていくことになりますので、それに耐えられる忍耐力が確実に必要となります。
特に新人相手に営業のノウハウなどを教える場合は、時間をかけて教えていく必要がありますし、1度や2度でそれを完璧にマスターできる営業マンはいませんので、焦らず根気よく教え続けられる忍耐力が無い人は営業マネージャーには向いていないと言えます。
それと営業目標などを設定した場合、それをクリアさせるために営業マンを動かす必要も出てきますので、いかに効率よく営業を行わせるかといった計画が立てられる能力も必要となって来るでしょう。
営業マネージャーは非常に忙しく責任の重い仕事ですし、いわゆる中間管理職ですので上との連絡もスムーズに取れることも必要な能力となるでしょう。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP