タグ一覧

商品管理の仕事内容と種類、必要なスキルとは

商品管理の仕事とは?

商品管理の仕事とは、商品の仕入れや在庫、陳列や販売に至るまでの管理を一手に引き受けて行う仕事で、商品の販売により利益を上げることができるかどうかを左右する非常に重要な役割を担っています。
商品管理がずさんな場合、売れ筋の商品が在庫切れを起こしてしまったり、逆に売れない商品を大量に在庫として抱えてしまうということが起きてしまうため、販売を行い利益を上げにくくなります。
逆に無駄な過剰在庫が増えることにより、それが経営を圧迫することにもなります。
そのため商品販売により利益を上げて業績が上がっている企業は商品管理が非常に上手く出来ていることになりますし、同じ商品を販売しているのにもかかわらず業績がアップしない企業は商品管理が下手ということになるわけです。
要するに企業の売上をアップさせ、会社の経営を安定させることになるのが商品管理と呼ばれる仕事となります。

商品管理には2つの種類がある

商品管理の仕事には大きく分けて2つの種類があり、一つが商品を製造している企業での商品管理、もう一つがその商品を販売している販売店側の商品管理です。
この2つの商品管理の違いは、商品を作りそれを販売店に卸す側と、商品を仕入れてそれを管理して販売する側の違いとなりますので、基本的な商品管理の作業はほぼ同じとなりますが、管理する規模が大きく異なることになります。
企業側の商品管理の仕事の場合、その商品を製作するための材料の仕入れも商品管理の仕事となる場合がほとんどで、材料の管理から出来上がった商品の在庫や配送管理も商品管理の仕事として行うことになります。
この場合、商品の在庫管理が甘いと販売店に商品を送ることが出来なくなりますので、製造している企業側の利益も損なわれますし、販売する販売店の利益も損なうことになります。
そのため販売店の商品管理よりもさらに厳しい管理体制が求められることになるのが企業の商品管理となります。
販売店側の商品管理に関しては、仕入れた商品を適切に保管して管理することが求められるため、仕入れた商品に破損が無いか、食材であれば賞味期限などは問題ないかといった管理も必要です。
特に食品の管理に関しては、期限切れはその商品を販売できなくなるということにつながり、会社の不利益を生み出す問題となりますので非常に細やかな商品管理が必要となるでしょう。
季節商品などの管理に関しても、販売できる期間が限られますのでその間に売り切ってしまうことが出来る適切な数を仕入れることと、品切れを起こさずに売り切ることが出来る在庫管理が求められることになります。

商品管理を行うために必要なスキル

商品管理を行うために必要なスキルは、基本的にはパソコンで仕入れや在庫などの管理を行うことになりますので、最低限のパソコンスキルは必要です。
そして正確な在庫管理や無駄の無い仕入れといった管理能力も必要となるので、適当に業務を行うのではなく、継続して適切な管理を行うことが出来る能力も必要でしょう。
先を読み、商品を仕入れたり管理するといった市場の先を見通せる先見の目を持っていることも重要で、先読みが出来る人ほど無駄なく商品の管理を行うことが出来るでしょう。
過剰在庫になりそうな在庫を如何にして処分するかといった柔軟性も必要となりますので、緻密な計算を行いながらも柔軟に市場に対応できる思考も持ち合わせていると、より商品管理の仕事に向いていると言えます。
最も必要なのは緻密な仕事となる商品管理に真摯に向き合える真面目さが必要ですので、仕事を淡々とこなせる落ち着いた姿勢が大切です。

商品管理の求人情報はこちら
> 商品管理の求人情報

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP