タグ一覧

仕入れの仕事内容と重要性とは

仕入れ担当とはどのような仕事をするのでしょうか。また、仕入れの仕事に必要なスキルとはどのようなものでしょうか。ここでは、仕入れの仕事についてご説明いたします。

 

仕入れの求人情報

 

仕入れとは

商品を販売する企業の場合、販売する商品を仕入れてから販売することになります。
この仕入れの業務を担当しているのが一般的にバイヤーと呼ばれる仕入れ担当の仕事です。
仕入れを適切に行うことによりお店の商品を維持することができ、また、適正価格で販売することを決めるのも仕入れの役割となります。

そのため仕入れを担当している人次第でそのお店の品揃えや販売価格に差が生じてきます。
仕入れが下手な担当がいた場合には売れない商品を大量に仕入れてしまったり、売れ筋商品の在庫がない、ということにもなりかねません。
そのため仕入れが担っている責任は重大なものですし、仕入れ担当次第でお店の売上にも影響が出ることになります。

仕入れの仕事内容

仕入れの仕事内容は、販売する商品を生産元からセレクトして仕入れることや、卸し問屋と価格交渉などをして商品の仕入れを行うことになります。
基本的にはこの仕入れがそのままお店で販売する商品の数や価格に影響を及ぼしますので、仕入れ交渉はとても重要な意味を持つものといえます。
業種により仕入れる商品も異なりますし、商品数も全く違いますので、自分の居る業界に詳しいことが重要です。

また、食品などの仕入れに関しては扱う商品や部類が非常に多いため、食品の種類ごとに担当が細かく分けられて仕入れを行うことも少なくありません。
これは食品に限らず家電やアパレルなどにも言えることですので、その場合は担当した部門をしっかりと把握して適切な仕入れを行うことが求められます。

仕入れの業務は単に商品をセレクトして仕入れるだけではなく、仕入れ価格の交渉も重要な役割となります。
例えば同じ商品を扱う問屋が2社あった場合、それをどちらの問屋から仕入れるかを決める必要もありますし、価格に差がある場合価格交渉を行いより安い問屋から仕入れを行うことも必要です。
もちろんどちらの問屋も重要な取引先となりますので、トラブルにならないようにうまく仕入れの調整を行うことも求められます。

また、仕入れる商品の数なども仕入れ担当が決めることになりますので、過剰に仕入れを行ったり、逆に仕入れが少なすぎて商品が品切れになることを防ぐ必要もあります。
これは仕入れ担当の業務の中でも特に重要なものですので、数を間違って仕入れをしてしまうとそれが会社の経営を圧迫してしまうことにもなるので注意が必要でしょう。
価格に関しても仕入れ担当が決めることが多く、仕入れの原価から利益を考えた値付けも求められます。

仕入れに必要なスキル

仕入れの仕事を行なう場合、特別なスキルを必要とすることはありませんので、誰でもチャレンジすることができる仕事です。
しかし担当する商品群に対する知識は必ず必要ですし、その知識が無ければ正しい仕入れを行うことが出来ませんので、その業界に精通しているということは求められるでしょう。

また、仕入れる商品は季節物なども非常に多く、その場合かなり前の段階で仕入れの交渉などを行うことになります。
そのため先見の目を持っていることは仕入れ担当には必要となるスキルで、市場の動向を正しく理解し、何がこの先売れる商品なのかを先取りできることもスキルとしては必要となるでしょう。
これは感性に由来するところが多く、流行に敏感である人ほど仕入れの仕事に向いているといえるのかもしれません。

コミュニケーション能力も必要不可欠といえますので、仕入れ交渉などをスムーズに行うためにも、話術に長けていることや仕入先の担当者との円滑な話し合いが出来る振る舞いなども身に着けているほうがより仕入れを行いやすくなるでしょう。
コミュニケーションが苦手な人は仕入れに向いていないと言えます。

 

仕入れの求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP