タグ一覧

人事の仕事内容と役割、必要なスキルとは

人事とは?

会社は多くの人が集まり与えられた役割を果たすことで正常に機能することになります。
その為適材適所という言葉があるように人材を割り当てることがとても重要になりますし、人材を確保する際に必要ではない人材を採用してしまうとそれは会社にとってプラスにあることは無く、ただ人件費がかさむだけになってしまいます。
そうならないように社内の人材の割り当てや採用などを行う事になるのが人事という仕事で、人事の人材割り当てや採用により会社がより発展するかどうかにも影響を及ぼすことになります。
人事がしっかりしている企業にはより良い人材が集まりやすくなりますが、人事がしっかりしていない会社の場合は人材確保もままならないですし、社内の割り当てもうまく機能しないことになり、業務が円滑に行えないと言うことも起こり得ます。
そのため人事の責任はとても重要であるといえます。

人事の仕事内容と役割

人事の仕事内容は会社の人員配置・採用・社員教育・評価・福利厚生などの労務関連と言ったように、非常に幅広い仕事を請け持つことになります。
そのどれもが全て社員に関することであり、人事の仕事はそこで働く人が安心して働ける環境にも関わっていることになります。
まず人員配置に関しては、適材適所で人材を配置することが求められる業務で、社員の特性をしっかり理解してそれに応じた人員配置が求められます。
採用業務は中途採用や新卒採用などの社員の採用を行う業務で、人員の募集から審査、採用決定に至るまでを全て人事が管理することになります。
新卒や中途採用を行う場合の窓口にもなります。
社員教育は社員に対し社内で必要となる社内規則や新人研修といった教育などを施す業務で、この社内教育がしっかりしていないと社員の意思統一がはかれませんし、最低限必要なビジネスマナーなども身に付かないことになります。
社員教育は会社を発展させるためにもとても重要な業務です。
評価は社員の働きぶりをチェックして評価する業務で、賞与や報酬などに影響することになる重要な業務です。
その為人事には客観的に社員を正しく評価することが出来る目が必要となります。
労務関連に関しては社会保険や福利厚生、健康診断や給与の計算なども含まれているため、人事が行う仕事と言うものは採用や割り当てだけではなく、採用した社員の生活などにも関係する仕事も受け持つことになります。

人事に必要なスキルや適性

人事の仕事を行う場合に必要なスキルとしては、人を管理する仕事となりますので人を見る目があるかどうか、その人の適正などを正しく見抜けるかどうかと言ったスキルが必ず必要となります。
このスキルが欠落している場合、人員配置なども上手くいかないですし、採用に関しても必要な人材を採用できないということになります。
それと同時にコミュニケーション能力の高さも必要となり、労務関係でのトラブルなどの解決や、採用時の人材とのやり取り、社内の部署とのやり取りと言った具合に、様々な場所でコミュニケーションをとる必要性が出てきます。
その為コミュニケーション能力の高さは人事に必要不可欠な能力となります。
会社全体の人員配置を把握する必要もあるため、広い目で会社を見通すことが出来る能力も必要ですし、配置した人材が上手く機能していない場合の対処なども求められますので、社員一人一人の情報を事細かに把握して理解し、その情報を元に配置換えなどを行うことが出来る視野や戦略的思考なども備わっていると良いでしょう。
基本的には特別な資格などは一切必要ありませんが、私的感情を持ち込まず社員の長所や短所を正しく理解できることが必要となりますので、感情で仕事をする人には人事の仕事は向いていないと言えます。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP