タグ一覧

在庫管理の仕事内容と必要なスキルとは

在庫管理とは?

商品を販売する企業やその商品を作るために必要な材料を販売している企業でも、在庫の管理を正しく行うことは非常に重要となります。
在庫管理が正しく行われていない場合、保管中に商品を破損させたり、入庫数と出庫数が合わないといったトラブルが起きる可能性もありますし、入庫数が多すぎて在庫過多になることや逆に入庫数が少なすぎて在庫が足りないということも考えられます。
これらの事例はどれも企業にとって不利益になるだけでなく利益が減ってしまう原因にもなりますので、在庫管理を正しく行い販売計画を立てることや出荷が出来なくなることを防ぐ必要があります。
その管理を行なう仕事が在庫管理と呼ばれる仕事で、企業によっては商品管理と在庫管理の両方を一つの部署で行うこともありますが、基本的には商品管理と在庫管理は別の仕事ということになります。
在庫管理が担う責任はとても重く、在庫管理が下手だと赤字を生み出すことも少なくないため管理の徹底が必要になります。

在庫管理の仕事内容

在庫管理の仕事内容としては、基本的には企業の倉庫に入庫した商品などを適切に管理・保管することが主な仕事内容となります。
この保管が正しく行われているかどうかで売上などにも大きく影響を及ぼします。
例えば在庫管理が行き届いていない場合、倉庫内で商品が傷んでしまうことも考えられ、もしそれが食品であれば言うまでも無く販売できなくなりますし、アパレルなどの服であったとしても販売が難しい状態になります。
その状況は単に商品が販売できなくなるだけではなく、もし問屋での在庫管理だった場合にはその商品を卸すお店に対しても多大な迷惑と不利益を生じさせてしまうことになり、商品を卸せないばかりか信用も失ってしまうことになります。
そのため在庫管理を徹底して常に商品の状態を確認することが在庫管理業務に求められるものとなります。
商品の数の管理も重要で、数が合わないということは大変な問題となる場合があります。
そのため入庫数と出庫数を適切に管理して誤差が生じないようにすることも求められますし、過剰在庫にならないように常に在庫数に目を光らせておく必要もあります。
過剰在庫はそれだけで企業の大きな負担となりますし、もしその商品が売れずに残り続けた場合には会社の経営を圧迫することにもなります。
そのため商品の売れ行きなどの動向も正しく把握しておき、動いていない商品と動きの早い商品の分別、それによる在庫調整を細やかに行うことも在庫管理には求められます。
市場の動向を把握して在庫を調整することも必要となりますし、在庫管理だけではなく生産に関する管理も行う場合も多いですので、単に商品の数を確認していればいいということではありません。

在庫管理に必要なスキル

在庫管理を行う場合に必要なスキルは特別なスキルは必要としません。
しかし在庫を管理するためにはパソコンを使用したり在庫管理用のソフトの利用、エクセルなどの利用も必要となりますので、それらが扱えるほうがよりスムーズに在庫管理の仕事を行なうことが出来ます。
それと数を常に確認し商品に問題が無いかというチェックも行うことになりますので、全てを見渡せる目と、商品の動きを敏感に察知する能力も必要となります。
そのため市場の動向や商品の需要に詳しくその状況に合わせて在庫を管理できることも求められます。
それと在庫を管理するということはとても重要な役割ですので、真面目に仕事に取り組めるという真面目さは必要不可欠なものとなります。
決して派手な仕事ではありませんが、在庫管理が会社を影から支えていることも多いですので、仕事のやりがいは感じられる職業でしょう。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP