タグ一覧

海外事業計画職とは?仕事内容と必要なスキル

海外事業計画職って?

皆さんは海外事業計画職という言葉を聞いたことはあるでしょうか? おそらくはあまり耳にしたことがない人の方が多いのではないでしょうか。
今日はそんな海外事業計画職に就いて詳しく解説していきたいと思います。
海外事業計画職とは自社製品の海外展開、マーケティングを主導する職種です。
現地に直接赴いてその土地のニーズに合わせた販売計画を考えたり、生産拠点である工場を立ち上げたりなどを行います。
海外展開を行っている企業ならば必須とも言える職種ですが、経験を積むことが難しい仕事内容だという事もあり常に人材が不足しているのが現状です。
そういった事情もありどこもその求人を求めており転職する際には非常に優位立てる職種であると言えるでしょう。
特に経験が長ければ長いほど条件も良くなり、5~10年の経験を積んだ人であれば非常にこう待遇で転職することも可能でしょう。
さらに海外事業計画職は異分野への転職が容易です。
ジャンルが違っていても海外での交渉やマーケティングの経験や能力は通用します。
そもそも同じ分野で海外事業計画職をやっている人材を見つけるのは非常に難しいのです。
ですので異分野でやっていた人でも構わないと転職を受け入れる会社は多いです。
海外事業計画職は非常に様々な分野に挑戦することが可能な職業でもあるのです。

海外事業計画職に必要なスキルは?

海外事業計画職には様々なスキルが高いレベルで求められます。
単純に語学が堪能であるとかそれだけではその職に就くことはできません。
見知らぬ土地に行き、現地で自社製品を普及させる方法を計画し、異文化コミュニケーション成功させて成果に導いていく。
それらを全て行うには語学力は必須ですしそれを使った交渉能力、現地の市場を把握するマーケティング能力、それに合わせた商品展開を計画する経営能力。
そしてそれらを行う間に起こった問題を解決する対応力が求められます。
それら全てが海外という異文化で行われますので自国の文化の型に囚われない非常に柔軟な思考が一番重要だと言えるでしょう。

海外事業計画職に就くために

すでに海外事業計画職に就いている人でしたら前述したとおりに転職は容易です。
ですのでこれから海外事業計画職を目指す人はどうすればよいかを紹介していきます。
まず語学力は必須というか最低条件です。
これがないとはじまりませんからまずは現地の人と交渉できるような高いレベルで語学力を身に付けましょう。
語学力だけではなく現地の文化や風習について一緒に学んでおくことも大切です。
 そして何よりも海外計画事業職には経験が必要です。
そして経験を積むには海外で活動するのが一番です。
語学を覚えれば海外要因には選ばれやすいですから積極的に海外へ出向く事を要望しまずは現地に行くべきでしょう。
業務を覚えてから海外へ行くよりもとりあえず海外へ行って現地で学ぶべきです。
前述したとおりに企業は常に海外事業計画職の人材を求めています。
熱意のある社員ならガンガン経験を積ませて育てていきたいと思っています。
立ち止まって他の人間にポストを奪われることが無いようにしましょう。
そのまま経験を重ねて結果を出していけばそのうち重要なポジションを任せられるようになるはずです。

最後に

 海外計画事業職はこれからの時代にも求められる職です。
業種を問わずに求められる職ですので一度就いてしまえばこの先十年、二十年かは転職のニーズも非常に高いでしょうしこう待遇を受けることが出来ます。
長い時間をかけてでも目指す価値がある職なのでそれを目指して今から計画を立てていくことも悪くないのではないでしょうか?  

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP