タグ一覧

マーケティングリサーチの仕事内容とは?

マーケティングリサーチの種類

マーケティングリサーチとは消費者の嗜好や動向、関心のある商品やサービスといったものを市場調査し、それを新たな商品開発やサービスの向上などに繋げていくために必要となる仕事です。
このマーケティングリサーチを行った場合と行わなかった場合では商品開発における方向性が全く異なるものとなる場合もありますし、サービスを提供する場合でも市場の動向などを知ることにより、利用者がどのようなサービスを求めているのかがわかることになるため、より決め細やかで必要とされているサービスの提供が可能になります。
そのためマーケティングリサーチにはとても重要な意味がありますし、市場調査を行うことによる調査結果は商品開発などにプラスとなることが多いと言えます。
必要とされている商品機能やサービスは日々その好みや必要性が変化していますので、その時に必要な情報を集め市場の動向を探るというのがマーケティングリサーチという仕事となります。

マーケティングリサーチを行う企業とは?

マーケティングリサーチを必要としているのは何も商品開発を行う企業だけではなく、様々な場所で必要とされています。
そのためマーケティングリサーチを行うのは市場調査を請け負ったリサーチ会社や商品を開発・販売する企業、取引先企業に対し情報を提供する広告代理店、そして現在の国民生活の動向などを知る必要がある官公庁でもマーケティングリサーチという仕事はとても重要視されて市場調査の仕事を行なうことがあります。
リサーチ会社は依頼された企業などに対し市場調査の内容を提供するのが仕事となりますので、純粋に市場の動向や調査のみを仕事としている会社となります。
企業でのマーケティングリサーチに関しては、その企業の商品が本当に市場に受け入れられるのかといった調査やサービスの質を向上させるために行う市場調査で、マーケティングリサーチは商品開発およびサービス向上のために必要な一カテゴリに過ぎないということになります。
そのため企業でのマーケティングリサーチは、市場調査を行いその結果を見たうえで商品などの方向性を決めるという、いわば商品開発などのスタートに当たる仕事となります。
広告代理店の場合は取引先企業に対しプラスとなる情報を提供し、売上アップには何が必要なのかといったことを提案するためにマーケティングを行います。
そのため企業などとは異なり第三者のために市場調査を行いその情報を提供するというのが仕事となります。
広告代理店の場合もマーケティングは仕事の中の一つですので、それだけが仕事ということではありません。
官公庁のマーケティングリサーチに関しては、政府などの施策や国民の施設利用の際のサービス向上のために市場調査を行うことになるため、これに関しても公務員の仕事の中の一つだと理解するほうが良いでしょう。

マーケティングリサーチの方法

マーケティングリサーチによる市場調査の方法としては、街頭での街頭調査や電話での電話調査、郵送調査や人を集めてのグループ調査などがあります。
近年ではインターネット調査なども頻繁に行われており、不特定多数の人から情報を集めるのには最も効率的な方法となっています。
どの方法でも必要としている情報を集めるという意味では変わりありませんが、より詳しい情報や生の声を集めるのであれば電話調査や街頭調査が効果的です。
調査方法によりメリットとデメリットがあるのでその点もマーケティングリサーチでは注意が必要です。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP