タグ一覧

マーケティングリサーチの仕事内容とは

マーケティングリサーチとはどのような仕事なのでしょうか。ここでは、その種類や手法とマーケティングリサーチが必要な企業についてご説明いたします。

 

マーケティングリサーチの求人情報

 

マーケティングリサーチの種類

マーケティングリサーチとは消費者の嗜好や動向、関心のある商品やサービス等を市場調査し、それを新たな商品開発やサービスの向上などに繋げていくために必要となる仕事です。
このマーケティングリサーチを次第で、商品開発における方向性が全く異なるものとなる場合もあるので、非常に重要な仕事となります。

サービス提供の場合も市場の動向を知り、利用者がどのようなサービスを求めているのかを理解することにより、よりきめ細やかで大きな需要を生み出すサービスの提供が可能になります。
市場から必要とされる商品機能やサービスは日々変化していますので、常に世の中のトレンドを意識しながら、いま必要なもの、そして未来に必要とされるであろう商品・サービスを開発するための情報を集め、市場の動向を探ることがマーケティングリサーチという仕事となります。

マーケティングリサーチが必要な企業とは

マーケティングリサーチを必要としているのは商品開発を行う企業だけではなく、ほかにも様々な起業で必要とされており、リサーチ会社や、広告代理店、そして官公庁でもマーケティングリサーチの仕事は必要とされています。

メーカー等の企業でのマーケティングリサーチに関しては、その企業の商品が本当に市場に受け入れられるのかといった調査や、サービスの質を向上させるために行う市場調査になります。
メーカー等の企業でのマーケティングリサーチは、市場調査を行い、その結果を見たうえで商品の方向性を決めるという、いわば商品開発のスタートに当たる仕事となります。

リサーチ会社は依頼してきた企業に対して市場調査の内容を提供するのが仕事となります。
市場の動向や調査を本業の仕事としている会社です。

広告代理店の場合は取引先企業に対しプラスとなる情報を提供し、売上アップには何が必要なのか等を提案するためにマーケティングリサーチを行います。
そのためメーカー等の企業とは異なり、第三者のために市場調査を行い、その情報を提供することがマーケティングリサーチの主な目的です。

官公庁のマーケティングリサーチに関しては、政府などの施策や国民の施設利用の際のサービス向上のために市場調査を行うことが主な目的です。

マーケティングリサーチの方法

マーケティングリサーチによる市場調査の方法としては、街頭調査や電話調査、郵送調査や人を集めてのグループ調査などがあります。
近年ではインターネット調査なども頻繁に行われており、インターネット調査は不特定多数の人から情報を集めるのには最も効率的な方法となっています。
どの方法でも必要としている情報を集めるという意味では変わりありませんが、より詳しい情報や生の声を集めるのであれば電話調査や街頭調査が効果的です。
調査方法によりメリットとデメリットがあるのでその点もマーケティングリサーチでは注意が必要です。

 

マーケティングリサーチの求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP