タグ一覧

商品企画の仕事内容と必要なスキルとは?

商品企画の仕事とは?

現在販売されている様々な商品は、必ず綿密な打ち合わせや企画を練った後に市場に投入されており、その商品のコンセプトや企画を考えて具現化させていくのが商品企画という仕事になります。
商品企画の仕事はただ単に商品を具現化させて市場に送り込めばよいと言うわけではなく、商品として販売し利益をあげる必要があるため、赤字になるような商品や売れない商品といったものを作るわけにはいきません。
その為商品企画が担う重責と言うものは非常に重く、担当した商品次第で会社の業績が上がるか下がるかに直結する仕事と言えます。
基本的には今世間ではどのような商品が人気なのか、どういったものが欲されているのかと言ったマーケティングを行う事や、その調査による情報をまとめて商品の方向性を決める、決めた方向性に従い商品を形とする、出来上がった商品を社内で何度も精査してより良いものにしていく、そして完成した商品を市場に送り出すと言った仕事を行う事になります。
企業によってはマーケティングと商品企画は別の部署になっていることもありますが、基本的には市場のマーケティングから商品開発に至るまで担当することも多いため、ただ商品の企画を考えるだけが仕事というわけではなくトータル的に商品の開発に携わることになると考えておく必要があります。
商品企画の出来次第でその商品が売れるか否かも決まることになりますので仕事としてのやりがいはありますが、精神的に強くないと務まらないことも考えられる仕事です。

商品企画を行うために必要なスキルは?

商品企画の仕事を行うためには特別なスキルは必要ありません。
しかし誰でも商品企画の仕事が出来ると言うものでもなく、現在の市場の動向を敏感に察知し、その先を読む洞察力や商品自体を魅力あるものにするための想像力というものが必ず必要となります。
特に洞察力と先読みの能力に関しては非常に重要で、商品企画の仕事を行う場合には売れる商品を企画し作ることがもっとも重要ですので、これから市場で人気の出る商品が何なのかを察知することがもっとも重要となります。
商品企画で作り出す商品は、基本的に商品として売り出すまでにある程度の時間がかかりますし、商品によっては何年も前から企画が進行してることも少なくありませんので、実際に商品として売り出すまでのタイムラグを考えそれを形に出来るという能力は必要となってくるでしょう。

商品企画は一人ではなくグループで行う

商品企画の仕事を行う場合、一人で全てを行うのではなく一つの商品に対して複数人でグループを組み仕事を行う事になります。
その場合グループの中で役割分担を行い、担当した役割を遂行することで商品を少しずつ形にしていくことになります。
その為グループ内での意見交換や連絡の正確性というものも重要になりますし、一人だけでスタンドプレーをしてしまうと商品企画としての仕事が上手く進まなくなるということもあります。
商品企画を成功させるためにはグループ内での意思統一がとても重要になりますし、一人一人が役割を正しくこなすことがより良い商品を作り出すために必要となりますので、グループの輪を乱さないという事や、自分勝手な行動を行わないと言うことも商品企画の仕事では重要なポイントとなります。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP