タグ一覧

これからの外資系ベンチャーはエンタメ系が伸びる

ITなどグローバルな仕事を行う

外資系ベンチャーは、海外の資本が入っている日本支社、もしくは海外の支社で仕事をすることになります。
多くの場合、IT関連の仕事が主体となっており、グローバルな仕事を担当することになります。
企業によって、何を主体にしているのかは異なっていますが、世界規模で仕事をしていることは間違いなく、海外の仕事に触れることができるところは、かなり大きなポイントになります。
担当する仕事も様々で、外資の営業をする場合もあれば、開発関係の仕事を行う場合もあります。
結構開発を中心としている仕事も多くなっており、そうした仕事を中心としつつ、日本だけでなく世界にも発信できる仕事をしていきます。
ネット分野がかなり多いので、ネットに強くなければ、仕事をすることは難しくなってしまいます。
また、開発部分を中心とする場合は、当然プログラム言語なども重要になってくるので、言語が分かっていないことは、仕事をすることが難しくなります。
外資系ベンチャーは、ネットゲームなどの仕事がかなり多くなっているので、気になるようならネットのゲームをプレイしているとか、自分でも色々なことを挑戦して、開発に生かしていくことになります。
営業の部門でも、こうしたゲームを開発しているので、支援をお願いしたり、広告を出してほしいなどの話をすることになります。
外資系ベンチャーと言っても、ネット関連の仕事が中心となっているので、IT系の仕事が多いことを理解しておくといいです。

開発できる実力が大切に

外資系ベンチャーは、開発関連の仕事が多いので、技術部門で仕事をしたいと思っているなら、開発するためのスキルが必要となります。
外資系ベンチャーの場合は、多くの企業がネットゲームや、通販サイト、そしてSNSツールの開発を行っており、これらを開発できる言語を覚えていなければ、仕事をすることはできません。
スキルを持っていない人が仕事をする場合は、多くのケースで営業に回されることになり、こちらの場合は営業のスキルを身に着けていかなければなりません。
スキルを持っている場合と、そうでない場合で、仕事ができる内容は変わってくるのです。
技術を持っている場合でも、ネットゲームに強かったり、グラフィック関連の開発ができていないと、実は仕事をうまく行うことができません。
外資系ベンチャーは、グラフィックに特化しているゲームの開発をしていることがあるので、できればCGなどが使えるようにしていないと、後から苦労することも増えてきます。
多くの現場では、1人が複数の仕事を担当することはありませんが、代わりにこの仕事をしてほしいと言われることがあるので、覚えているスキルが多ければ多いほど有利です。
もちろんプログラム言語に強ければ、SNSや通販サイトの更新など、幅広い仕事を担当することができます。

SNSなどに興味があることを示そう

外資系ベンチャーで仕事をしたいと思っている場合は、自分の経験を中心に据えて、SNSやネットゲームの開発に興味を持っていることを示した方がいいです。
これによって、自分が開発をしたいと思っていること、この会社の発展に協力したいことを示せば、志望動機としても非常に使いやすくなります。
外資系ベンチャーは、海外でも通用する人材を希望しているので、英語ができることも前提条件となります。
仕事をする相手が、海外の人である可能性もありますので、英語はなるべく習得して、話すことができるようにしてください。
志望動機など、日本語で話してもいいところはありますが、面接の際に英語を利用することもあるので、ある程度話ができないことは、仕事ができなくなってしまこともあります。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP