タグ一覧

金融系ベンチャーはサービスの営業と企画が主体

お金を預かるサービスを展開する

金融系ベンチャーは、お金を利用者から預かって、それによって何かを実現するサービスを展開しています。
保険会社であれば、保険というサービスによってお金を集めて、そのお金を増やしながら、もしもの時にはお金を支払うようにしています。
近年は年金保険なども登場しているために、お金を増やすための運用方法を企画しなければならず、金融系ベンチャーは担当する部分が結構用意されているのです。
営業をする人は、こうして安心した方法で増やすことができることをしっかり伝えます。
安心して運営されていることが分かっているなら、契約してくれる人が多くなります。
この運用方法を考えるのも、金融系ベンチャーの仕事です。
どこに投資をすれば、お金を大量に増やすことができるのか、安定して利益を確保できるのかを検討して、契約している人が安心してサービスを利用できる環境を作ります。
これを営業の人に話してもらうことで、安心できる会社であることをアピールします。
運用する側になった担当者は、とにかくお金を無駄に利用しないように、そして間違った方法で損失を計上しないように、しっかりお金を増やすようにします。
そして、増やしたお金でいろいろなサービスを展開したり、配当金を与えるなどの方法を取ります。
金融系ベンチャーの場合は、振り込みなどを担当する人もおり、多方面で金融にかかわる仕事をしています。
もちろん、預かったお金は非常に大事なものですから、勝手に損失を計上させてはいけません。
最後に、金融系ベンチャーを知ってもらうために、広告宣伝を行う担当者がいます。
この宣伝を行うことで、利用してもらうことを促進したり、もっとイメージをよくして、契約者の増加を図ることになります。
広告などを打ち出すプロデューサーも存在しており、企画段階でこれを宣伝して、契約者を増やすために動くことになります。

営業なら経験は不要だがお金を扱う際には経験が重要

金融系ベンチャーの場合、営業は経験を持っていない場合でも、採用される可能性があります。
もちろん経験を持っている人の場合は、仕事をしていることがわかっているので、さらに採用されることになります。
ただ、営業以外の部門については、経験を持っている人以外は駄目になっていたり、経験を持っていることを証明しないと不採用とするケースがあり、非常に厳しい部分を持っている仕事です。
運用する方法を企画するコンサルタント的な立場になるには、企画をするために豊富な経験が必要となっており、金融系ベンチャーでは、かなり多くの経験を持たなければ仕事ができなくなっています。
それくらい、お金というものの大切さ、そして間違ってはいけない部分がありますので、未経験でこうした仕事ができるほど甘い世界ではありません。
面接の際にも、金融関連の知識を問われることとなり、特に最新の情報に強いかどうかを判断されます。
金融系ベンチャーを志望したいと思っている人は、金融関連の安定性、そしてこれからの成長に期待しているところが強いです。
金融は、安定さえすれば問題なく仕事ができるところが強みであり、企画を担当する側になれば、自分の思っているサービスを展開できる可能性もあります。
少しの失敗でも、安定して企画が用意されているのであれば、仕事をする際の負担が減りますので、安心できる環境が用意されることになります。
志望している方も多くなっており、金融系ベンチャーは、安定性という部分で非常に強いところを持っています。
そして、これから多くのベンチャー企業が参入してくるところでもあり、外資系もどんどん出てきます。
様々な企業が出ている中で、安定した企画を作り出す想像力と、対応力が問われる仕事になります。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP