タグ一覧

IoT系ベンチャーの仕事とは。仕事内容と必要なスキル

近年、白物家電や自動車もインターネット通信機能を備えるようになりました。ここで必要な技術がIoTです。今後の生活を支えるIoT系ベンチャーの特徴とは何なのでしょうか?また必要とされる人材とは?今回はIoT系ベンチャー企業を調査しました。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

IoT系ベンチャーとは

IoT系ベンチャーとは、「IoT(Internet-of-Things)」つまり日本語では「モノのインターネット」と呼ばれ、家電や車、介護や医療業界のあらゆる機器など、パソコンやスマートフォなどの通信機器に限らず、様々な「モノ」とインターネットを繋げてイノベーションを起こすべンチャー企業のことを指します。
これらのIoT系ベンチャーの多くの企業においては、まず、最新のコンピュータ技術などを、大手企業などと連携し、そして世の中に広く、そして新しい形で広めていく、ということを狙っています。
エンジニアリングとしての仕事や、または画像認識、温度、加速度、人などのセンサーを用いた技術の研究者を募集していることが多いようです。
また、プロジェクトの創業メンバーを募集していることも多いため、これから新しい研究開発をしていきたい、また新しい開発を行いたい、と考えているエンジニアの方には憧れの企業であり、魅力的な仕事であるといえるでしょう。
また、多くのIoT系ベンチャー企業においては、人々の生活をさらに豊かにするための、モノのインターネット連動化である、IoT化技術を活かし、そして大手企業などのメーカーとIoT製品の開発などにも取り組んでいます。
このため、大手企業でメーカーとして勤めたのちに、ベンチャー企業へと転職をされる方も少なくありません。

IoT系ベンチャーにおいて、求められている人材とは?

IoT系ベンチャーにおいては、主に技術者、またはエンジニアが求められており、エンジニアの方で、大手企業から新しくベンチャー企業へ転職する方も少なくありません。
ベンチャー企業においては、あらゆる開発を行い、そしてゼロから作り上げていくという企業も多く、創業メンバーを募集しているところもあります。
このため、ゼロから始めるという段階の起業も多く、積極的な職務遂行思考の方が求められているといえるでしょう。
また、正社員ではなく、派遣やパート、またはほかに本業がありながらも、メンバーとして携わるという働き方もあり、既定の働き方にとらわれず、勤務することが可能な企業も少なくありません。
IoT系ベンチャーで活躍するためには、エンジニアとして、各種のアプリ開発などを行った経験があれば、望ましいです。
また、技術や能力があれば、未経験、経験者を問わず受け入れている企業も少なくありません。
積極的で、新しいものを開発していくチャレンジ精神があり、目標を持っていることなどがベンチャー企業においては求められているといえるでしょう。

IoT系ベンチャーにおいての仕事内容

IoT系ベンチャーにおいては、エンジニアを募集していることが多いです。
その仕事内容は、IoT系デバイスの組込み開発や、回路設計等に携わる仕事、またIoT系クラウドのJava、LAMP等での開発や、テストなどを行う仕事となります。
しかし、ベンチャー企業においては、その他にもマルチタスクで仕事をこなさなければならない機会が非常に多く、まだ社会人経験が少ない方にとっては成長の機会であるとも言えるでしょう。
たとえば、少人数でこなさなければいけないため、その他の仕事も自分で同時進行でこなすことが必要とされ、身につくスキルが多くなる、などです。
しかし、IoT系ベンチャーへ、エンジニアとして転職を考えているのであれば、育成システムなどがしっかりと整備されている大企業とは違い、育成などは基本的になく、自分自身で成長をしていかなければいけないということを頭に入れておくことが大切です。
IoT系ベンチャーの場合、一人が期待されている仕事の責任範囲が大きく、影響力が大きく異なります。
社長との距離も近く、新しいことをどんどんやっていくことができますが、その分一人に対し高い能力が必要とされるといえるでしょう。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP