タグ一覧

教育ベンチャーを取り巻く現在の環境とは

幼少期からの人格形成や、自身の知識やネットワークの広がりを見込める教育。しかし、教育の世界も旧態依然の形式を維持してきました。インターネットの普及により、ここ数年で様々な動きが出始めている教育業界に、影響を及ぼしているのは大企業のみならず、ベンチャー企業の活躍も散見されるようになってきました。今回は、そんな教育ベンチャー業界を調査してみました。

 

教育系ベンチャーの求人情報

 

現代の教育系ベンチャーには「新しさ」が必要

ベンチャー企業にはやはり最新のテクノロジーを利用したものが、一般的に多いでしょう。
現代で言えばインターネット関連のものが多いと思われますが、当然いつの時代でも普遍的に必要な業界というものはあります。
衣食住に関連するものは、これからも廃れることなく起業する会社はあることと思いますが、もう一つ、生活になくてはならないのが教育でしょう。
日本では都市化が急激に進み、子どもが少なくなったり一人っ子の占める割合が増えています。
子ども自体が少なくなっている状況で、教育業界で起業するにはやはり何かしらの工夫・強みが必要です。
例えば、以前から「通信大学」や「通信高校」は存在しており、それらの学校では郵送で学習物をやり取りすることがメインでしたが、今ではインターネットをメインに利用した高校も出て来ています。
新しい高校を作るとすると、国や自治体に許可を取る必要が当然ありますが、基本的に、単位と認められるだけの十分な学習体制があれば認められます。
これまでの自宅でテキスト勉強をする通信学校でも「十分な単位」と認められてきましたので、ネットを使ってインタラクティブな授業方式で勉強するのなら、これまでの様式も踏襲しており、「学校らしさ」があるといえるでしょう。
確かに学校には「学校生活を送るうえで同級生たちと触れ合い成長する」というという役割はあると思います。
しかし潜在的にネットスクーリングには強いニーズがあるのも事実で、現にネットを使った学校の生徒数は増加が著しいのです。
社会のニーズを見極めることは非常に大切なことで、教育系ベンチャー企業は当然その都度新しいアイデアを使って成長して来たのです。

常に需要の高い教育系ベンチャー

教育界全体が発展してきて、現代ではさまざまな「学び」が手軽に出来るようになりました。
そのためか社会人学習のニーズも強くなってきており、「生涯学習」という言葉もすっかり定着するなど少子化が進んでいるとは言えまだまだ学習に対する需要は多いように見えます。
世の中にはたくさんの知識や技術を持った人で溢れていて、かつそういった知識を知りたい!という人も居ます。
近年注目を集めている学習スタイルに、一人の利用者にマンツーマンの講師を付けるという「(社会人を含めた)全年齢対象の家庭教師」があります。
従来の受験向け家庭教師を派生させた学習スタイルですが、時代に合ったアイデアを社会に与えることが出来ればさらに新しい需要を開拓出来るという良い例ですね。
日本はもともと教育水準が世界的にも高いと言われています。
しかし世界にも目を向けてみると、そもそも高校や大学の進学率が低い国は多くあります。
実はそういう国にこそ、新しい教育システムは生まれるかもしれないですしインターネットの発達で革命的な学習方法も生まれるかもしれません。
すでにインターネットはどの国にも浸透して来ており、発展途上国でもインフラは急速に進みむしろこういったテクノロジーが「教育に役立つのでは?」という見方も出来ます。
海外のどこかで生まれた教育システムが日本にもガッチリはまるかもしれません。
これはどの業界のベンチャー企業にも言えることですが、ワールドワイドな見方で常に新しいものを探すことが重要になります。
教育は国の未来を担う大切な要素です。
教育系ベンチャーの多くが常に斬新なスクールや学習教材を提案し、業績を伸ばして来ました。
「子どもに良い教育を学ばせたい」「学びたい」という需要に真摯に向き合うことが、この業界のベンチャーには必要な要素なのです。

 

教育系ベンチャーの求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP