タグ一覧

様々な分野の〇〇系ベンチャー企業

ベンチャー企業の方とお話しをしていると、弊社は〇〇系ベンチャーですと説明してくれることがあります。しかし、〇〇系ベンチャーが沢山ありすぎて本当の所どんな領域なのかをしっかりと把握できていない場合があります。そこで耳にした〇〇系ベンチャーの領域等を簡単にまとめてみました。

 

あらゆるジャンルのベンチャー企業の求人情報

 

ヘルスケアベンチャー(ヘルスケアテックベンチャー)

ヘルスケアベンチャーとは、ヘルスケアテックを扱うベンチャー企業の総称。
主に医療関連・医療機器・医療機関や検査診断を扱っている事が多いです。
高齢化社会等の社会的要因と、健康の維持・促進に関する意識向上により近年注目を集めています。
安倍政権が打ち出した3本の矢の中の成長戦略分野で、「戦略的市場創造プラン」のテーマの1つに「国民の『健康寿命』の延伸」を打ち出し投資等も盛んになっています。
主なプレーヤーは

ヘルスケアベンチャーの関連記事

ヘルスケア系ベンチャーの概要とメリットデメリットについて

近年、日本の高齢化に伴いヘルスケア系ベンチャーに注目が集まっています。
今回はそんなヘルスケア系ベンチャーについてとヘルスケア系ベンチャーのメリット・デメリットを調査しました。

環境ベンチャー(クリーンテックベンチャー)

環境ベンチャーとは、クリーンテックを扱うベンチャー企業の総称。
再生可能エネルギー・省エネ・廃棄物・電池や環境関連の分野を扱っている企業が多いです。
地球温暖化対策や再生可能エネルギーの利用に対する課題が一般的に普及した事により、省エネルギー・省コスト等の環境分野で、新技術や独自のアイデアを用いたベンチャー企業が増加しています。
主なプレーヤーは

教育ベンチャー(edテックベンチャー)

教育ベンチャーとは、Education Technology を略してedtech(エドテック)と呼ばれる事も多いです。
教育・学習・スクール等の分野を扱っているベンチャー企業の総称。
インターネットが普及するまではリアルでの教育が当たり前の時代でした。
しかし、場所や金銭的問題による教育格差の課題が浮き彫りとなりインターネットを活用したベンチャー企業が増えています。
教育ベンチャーの出現により、いつでも安価で場所を選ばず好きな事を学べるようになってきています。
主なプレーヤーは

教育ベンチャーの関連記事

教育ベンチャーを取り巻く現在の環境とは

これはどの業界のベンチャー企業にも言えることですが、ワールドワイドな見方で常に新しいものを探すことが重要になります。
教育は国の未来を担う大切な要素です。
教育系ベンチャーの多くが常に斬新なスクールや学習教材を提案し、業績を伸ばして来ました。
「子どもに良い教育を学ばせたい」「学びたい」という需要に真摯に向き合うことが、この業界のベンチャーには必要な要素なのです。

教育界における教育系ベンチャー企業の”独自性”

日本は今、ゆとり教育の弊害と言われる学力低下や規範意識の欠如といった問題から脱却しようとしています。
そのために、国や各自治体では様々な新しい教育的取り組みが行われており、義務教育を中心に学校教育の在り方が問われています。
また、こうした動きとともに、大人に対する教育も変わりつつあることはご存知でしょうか。
たとえば、資格の取得や英会話などがそれで、生涯教育とも呼ばれるものです。
これらの日本における教育改革を民間の側から支援する形で、近年隆盛を見せているのが、「教育系ベンチャー企業」の存在です。
ここでは、そんな「教育系ベンチャー企業」の実態と活動、展望などについて考察していきたいと思います。

金融ベンチャー(Fintech・フィンテック)

金融ベンチャーとは、Financial technologyを略してFintechと呼ばれています。
ITを駆使し金融サービスを生み出したり、新たな価値を見直したりする動きのこと。
決算・クラウドファンディング・融資・金融関連ソフトウェアを扱うベンチャー企業の総称。
近年、 主なプレーヤーは

広告ベンチャー(adtech・アドテク)

広告ベンチャーとは、Ad Technologyを略してadtechと呼ばれています。
デジタルマーケティング技術等を活用したインターネット広告・インターネットマーケティング・メディアレップ等を扱うベンチャーの総称。
広告配信ネットワーク等を活用し、より投資対効果の高い広告掲載を提供できるようになりました。
主なプレーヤーは

コンテンツ・著作権ベンチャー

動画・書籍・アニメーション・生放送等を扱うベンチャー。
教育系コンテンツを扱う場合に教育系ベンチャー領域が被る事があります。
近年、動画への注目が集まっており動画を扱うベンチャーも増加傾向です。
主なプレーヤーは

動画系ベンチャーの関連記事

動画系ベンチャーとは?その仕事内容とは?

スマートフォンの普及と、モバイル端末の通信速度の向上により、動画コンテンツに注目が集まっています。
今回は動画を扱うベンチャーである動画系ベンチャーを調査しました。

製薬・創薬系ベンチャー

創薬・製薬・創薬支援を行うベンチャー。
創薬系バイオベンチャー・製薬系バイオベンチャー等と分類して呼ばれることもあります。
ips細胞等の再生医療の分野も注目を集めています。
主なプレーヤーは

バイオベンチャーの関連記事

バイオベンチャーの社会における役割と必要なスキル

大手製薬会社や教育機関との連携をしているイメージのバイオベンチャー。
なぜ医療機関や教育機関との連携が必要なのか?またバイオベンチャーで必要とされる人材とは何なのかを調査しました。

医療系ベンチャーとは

医療系ベンチャーと聞くと研究者や技術者をイメージする方もおおいと思います。
しかし、企業である限り様々な人が活躍しています。
研究者だけでなくどのような人材が医療系ベンチャーに必要なのかを調査しました。

バイオベンチャーの仕事内容や重要性

バイオベンチャーとは一体何なのか?そしてバイオベンチャーの仕事内容や必要なスキルとは?意外と知られていないバイオベンチャーの世界の概要を調査しました。

ソフトウェア・システム系ベンチャー

CRM・データベース・検索エンジン等を扱うベンチャー 『はやく言ってよ~』のCMでおなじみ名刺管理サービスSansanが有名ですが、名刺管理サービスだけとっても非常に多くの企業があります。
主なプレーヤーは

農業系ベンチャー

農業系ベンチャーとは、農業・園芸・就農領域を扱うベンチャー IT化が最も遅れていそうな農業分野ですが、農家の経営・生産効率向上に向けた情報管理や分析サービスや農家からバイヤー・消費者への直販サービス等への参入があります。
BtoC向け個人栽培の効率化ツール等も農業系ベンチャーに含まれています。
主なプレーヤーは

人材系ベンチャー(HR tech)

人材ベンチャーとは、human resources technologyを略してHR techベンチャーと呼ぶこともあります。
人材サービス・人材紹介・人材開発からクラウドソーシングまでを扱うベンチャーの総称で、タレントマネジメントや採用支援サービスなど企業の人事部領域に特化したベンチャー企業が多いです。
ランサーズやクラウドワークス等のクラウドソーシング分野も人材ベンチャーに含まれる事があります。
主なプレーヤーは

IoTベンチャー

M2M・センサー・IoT製品(スマホアクセサリやウェアラブル)を扱うベンチャー。
IoTとは、Internet of Everythingの略で、世の中に存在する様々な物に通信機能を持たせ、インターネットを通じて相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことを言います。
スマホの普及により業界の動きが活発になってきている領域でもあります。
主なプレーヤーは

IoT系ベンチャーの関連記事

IoT系ベンチャーとは?IoT系ベンチャーの仕事内容

近年、白物家電や自動車もインターネット通信機能を備えるようになりました。
ここで必要な技術がIoTです。
今後の生活を支えるIoT系ベンチャーの特徴とは何なのでしょうか?また必要とされる人材とは?今回はIoT系ベンチャー企業を調査しました。

半導体・ハードウェア系ベンチャー

半導体・電子機器・電子部品等を扱うベンチャー。
主なプレーヤーは

コマース系ベンチャー

eコマース・販促・小売業等を扱うベンチャーの総称。
ECサイトと聞くと少し古めかしい感じがしますが、まだまだ成長領域であり、日本初のユニコーン企業になったメルカリもこの領域です。
流通網の発達により、鮮魚等を取り扱う企業も出てきています。
主なプレーヤーは

ファッション・ライフスタイル系ベンチャー

ファッション・婚活・美容・終活等を扱うベンチャー。
動画 × ファッション等で注目を浴びるC Channelなどもこの分野です。
動画分野とのシナジーが非常に大きい分野でもあり、コンテンツ系ベンチャーとの連携が今後高まりそうです。
主なプレーヤーは

ゲーム・エンタメ系ベンチャー

ゲーム機・ボードゲーム等のゲーム媒体・玩具・VR等を扱うベンチャー 近年、バーチャルリアリティが非常に注目を浴び技術的にも発展してきています。
VR技術を活用した人生ゲームで職業体験ができる時代が近づいてきています。
主なプレーヤーは

旅行系ベンチャー

バーチャルツアー・旅行情報・外国人向けインバウンドメディアを扱うベンチャー 主なプレーヤーは

セキュリティベンチャー

防犯機器やサイバーセキュリティ・認証システムを扱うベンチャー。
防犯カメラや認証システムを扱う為、画像認識等の領域を扱う企業も多くみられます。
主なプレーヤーは

フードテック系ベンチャー

飲食・食品・デリバリー等を扱うベンチャーの総称。
フードテック系ベンチャーの出現により、店舗で野菜を栽培し提供する事ができるようになってきました。
主なプレーヤーは

コンテンツキュレーションベンチャー

キュレーションアプリやキュレーションメディアを扱うベンチャー。
インターネット上の情報を収集・分類し新しい価値を持たせて共有してくれるサービス領域のベンチャーです。
smartnewsやAntennaが有名ですが、特化型のキュレーションサービスも増えています。
主なプレーヤーは

人工知能ベンチャー

顔・音声・画像認識や機会学習・人工知能を扱うベンチャー 主なプレーヤーは

情報解析サービス・ビッグデータ系ベンチャー

統計・データマイニング・データサイエンス・自然言語処理を扱うベンチャー 主なプレーヤーは

建設・土木系ベンチャー

建設・建築・地盤改良等を扱うベンチャー 主なプレーヤーは

オートモーティブ系ベンチャー(AutomotiveTech)

自動車や自転車の自動運転や、インターネットの通信機能を備え安全性を高めたり、効率的な運転を助けるために様々なデータを収集・分析して利用者に提供する情報端末としてコネクテッドカーを扱うベンチャー 主なプレーヤーは

不動産ベンチャー

不動産管理や賃貸から不動産情報まで不動産分野を扱うベンチャー 主なプレーヤーは

シェアリングエコノミーベンチャー

カーシェアリングやシェアハウス等の遊休資産を扱うベンチャー。
物や場所だけでなく、知識や時間をシェアするサービスも増えてきています。
主なプレーヤーは

ロボットベンチャー

サービスロボット・家庭用ロボット・ドローン等を扱うベンチャー 主なプレーヤーは

生産・工場系ベンチャー

工場・産業機械・産業用ロボットを扱うベンチャー 主なプレーヤーは

ロジティックスベンチャー

物流・輸送・荷役・フルフィルメントサービスを扱うベンチャー 主なプレーヤーは

社会インフラベンチャー

子育て支援や障害福祉サービスを扱うベンチャー 主なプレーヤーは

バイオケミカルベンチャー

海洋生物(ミドリムシやキトサン)や超高性能クモ糸繊維からカビや除菌等を扱うベンチャー 主なプレーヤーは

バイオベンチャーの関連記事

バイオベンチャーの社会における役割と必要なスキル

大手製薬会社や教育機関との連携をしているイメージのバイオベンチャー。
なぜ医療機関や教育機関との連携が必要なのか?またバイオベンチャーで必要とされる人材とは何なのかを調査しました。

化学系ベンチャーの可能性と将来性とは?

化学系ベンチャーは多額の投資が必要だと言われています。
研究段階でのブレイクスルーだけでなく事業としてのブレイクスルー能力も求められます。
今回は近年の科学系ベンチャー企業がどのようにして事業運営を行い、何を課題としているのかを調査しました。

専門サービスベンチャー

経営管理・士業・その他専門性の高い領域に特化したベンチャーの総称。
税理士向けの税務・会計・給与管理サービスや、UIやA/Bテストに特化した企業等も含まれます。
主なプレーヤーは

宇宙ベンチャー

宇宙開発・人工衛星・宇宙ゴミ・流れ星等の宇宙関連を扱うベンチャー ロケットベンチャーではホリエモンが投資しているインターステラテクノロジズが有名 主なプレーヤーは

その他の〇〇系ベンチャー

上記の32分野の他にも様々な分け方をしています。
その中でも良く耳にする〇〇系ベンチャーもまとめてみました。

WEB系ベンチャー

web系ベンチャーはネット関連の作成が中心

ベンチャーと言えばWEBという認識の方も多いのではないでしょうか。
またWEB系ベンチャーと聞くと1日中パソコンの前に座り何やらカタカタ作業しているイメージを持たれる事もあります。
しかし現実は意外とリアルな場での戦いが多いようです。
今回はWEB系ベンチャーとは何なのかを調査しました。

IT系ベンチャー

IT系ベンチャー企業とは

大企業からベンチャーへの転職の候補として、IT系ベンチャー企業を選択肢に含める方も多いと思います。
今回は、IT系ベンチャーとは何なのかからIT系ベンチャーのメリットとデメリットを調査しました。

it系ベンチャーの仕事とやりがい、必要スキルとは

様々な業界で広まるベンチャー起業の動き。
その中でも群を抜いて数の多いIT系ベンチャー企業。
今回はIT系ベンチャー企業の、やりがいや必要なスキルを調査しました。

外資系ベンチャー

外資系ベンチャーとは?外資系スタートアップベンチャーの魅力

ベンチャー企業にも、国内系ベンチャーと外資系のベンチャーが存在します。
日本における外資系ベンチャーは、本国でのビジネスが一定以上の規模になってから日本市場参入する事が多いようです。
経営の3大リソースである人・物・金が揃っているようにみえる外資系ベンチャーを調査してみました。

これからの外資系ベンチャーはエンタメ系が伸びる

外資系ベンチャー企業で優遇されるスキルは外国語能力だけではなかった。
そのスキルとは何なのか?外資系ベンチャー企業で活躍する人材はエッジの立ったスキルが必要?

 

あらゆるジャンルのベンチャー企業の求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP