タグ一覧

商品開発はコンセプトと実情を理解して行うことが鍵

新たな価値をみつけ、市場に出す使命をもつ商品開発。商品開発部ではどんな仕事をするのか。どんなポイントを押さえるべきかを調査しました。

 

商品開発の求人情報

 

商品開発は、どのようなコンセプトを実現するかが鍵

商品開発については、コンセプトをしっかり考えて、それに見合った商品を作っていかなければなりません。
開発する際に、どのような人に向けて作るのか、どういった人が求めている商品なのかを考えることが、何よりも大事なことになっています。
コンセプトを作り、それから商品のビジョンとして商品開発を進めていかないと、最適な商品を提供することは出来なくなってしまいます。
コンセプトについては、まず年齢層を見ていくことになります。
既存の商品との違いを明確にすることも大切なのですが、年齢層を踏まえてコンセプトを作っていくことが、成功への近道となっています。
この年代には購入して欲しい、こうした年代には非常に効果的な商品にしたいと思っているなら、そのことを踏まえたうえで、どういったコンセプトの商品にしていくか、計画とビジョンを作っていきます。
ある程度形になったところで、既存商品との比較をすることになります。
現在販売されている商品と、同じものが無いかをここで確かめます。
商品開発では、同じようなものをいくつも作ってはいけないことになっていて、もしコンセプトが同じようなものになっているのであれば、それはリニューアル販売などによって、新しい商品開発以外の部分で対応することになります。

商品開発は試作と失敗の繰り返し

コンセプトが決まったところで、試作作業を行うことになります。
開発担当の人が、こうしたものを幾つか作って欲しいと、製作部門の方に依頼を出します。
この依頼に沿って、製作部門は最適なものを開発するのですが、これを商品開発が見たとき、これはインパクトがあるのか、使い勝手はどうなのかを確かめなければなりません。
このような確認をしていないまま、世の中に送り出してしまうことは絶対にありません。
自分で確認を行った後、これがいいなと思っているなら、商品開発の会議に提出して、多くの方の意見を聞くことになります。
この場で、1回で通過できるほど、商品開発というのは甘いものではありません。
会議の中では、多くの指摘が出されることになりますし、他社の類似している商品を言われてしまい、やり直しを告げられることも非常に多くなります。
こうした試作と駄目だし、そして再開発の繰り返しによって、商品開発というのは実現していくことになります。
他の企業が同じようなものを作っているなら、似ているものを作っても勝負にはなりません。
変わったものを作ることが、成功するためには必要なこととなります。

商品の実情を考えて販売に移す

何度も会議に出して、ようやく商品の販売が認められることになった場合、ここからも改良を加えることになり、最終的に販売するための商品が出来上がります。
ただ、このまま販売を行うのではなく、多くの場合、現状の調査を行って、最適なタイミングを計ることになります。
特に食品系の商品開発では、タイミングを間違えてしまうと、売上が大きく下がってしまい、失敗の可能性も出てきます。
なるべく成功するためには、販売するタイミング、季節などをマーケティングによって確認して、少しでも売上アップにつなげられるタイミングを目指します。
一部の企業では、マーケティングによる試用を行ってもらい、その意見を踏まえた上で、改良を加えてから販売することもあります。

商品開発の平均年収

平均年収目安は、 517万円 です。
ご紹介している平均年収は、全年齢を対象にした平均値の目安年収(30代前半程度の年収帯)です。

 

商品開発の求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP