タグ一覧

五月病とは?五月病の原因と対処法

5月病って何?

一般的に5月のGWを過ぎた頃から鬱病のような状態になることを5月病と言います。
夏の大型連休や正月休みの後にも同様の状態になる事もあります。
また、休日の夕方に同様に鬱病のような状態になる事をサザエさん症候群といいます。
しかし、4月は新卒入社や配置転換などで職場環境が大きく変わる季節です。
その新しい環境にうまく適応できなかったり、適応しようと頑張りすぎて鬱病のような状態になることを5月病といいます。
ではどんな人が5月病になるのでしょうか?

こんな人は注意が必要

これらの人は周囲からの評価や仕事に対して常に気を張りストレスを受け続けています。
そうする事で気が滅入ってしまったり仕事に対する意欲が低下します。
こうなる前に趣味の時間を設ける等、仕事の事を考えない時間をとりストレスから解放されましょう。
また、5月病だけでなく鬱病にもなりやすいので、自分なりのストレス発散の仕方を探してみて下さい。

とにかく五月病にならないようにする

5月病にかからないようにするには仕事面とプライベート面の2つの切り口から生活を改善してみましょう。

仕事面からの5月病対策

完璧を求めないというのも5月病対策としては大切です。
完璧を求め続けてもきりがありません。
心身のエンジンが温まるまでは無理をせず焦らずに業務に取り組みましょう。
やる気が出てきたらアクセルを踏む習慣をつけれるようにしてみましょう。

プライベート面からの5月病対策

なによりもリラックスして仕事の事を考えない時間を意識してとるようにしましょう。

家族や友人に相談した時に、アドバイスを貰うのは諸刃の刃です。
せっかく仕事から離れているのに仕事の話となるとストレスになってしまいます。
家族や友人に相談するのは限りなく利害関係のない人に話すようにしましょう。
また、趣味がインターネットによるネットサーフィンの人も多いはずです。
インターネットも仕事と関係する掲示板等は極力見ないようにしましょう。

食生活を改善する

脳内のセロトニンが不足すると五月病の憂鬱な気分になる事があります。
体内のセロトニンの生成を高めるためには、トリプトファンとビタミンB6が必要です。
その為、バナナ、乳製品、卵黄、ナッツ類、大豆製品、赤味の魚、鶏ひき肉、牛肉、とうがらし、にんにく等を摂取することが有効です。
また、ビタミンB1・ビタミンC・カルシウム・マグネシウムもストレス解消に効果のある栄養素なので、緑黄色野菜や果物を接触的に摂取しましょう。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP