タグ一覧

外資系へ転職して成功する人材の特徴とは?

外資系に転職して戸惑うこと

日本企業から外資系企業へ転職して感じる最大のギャップは、文化の違いです。
その最たる例がコミュニケーションでしょう。
たとえば上司にドキュメントを送り「確認お願いします」とメッセージを添えたとします。
日本企業ならば、内容について上司からフィードバックをもらうことが確認してもらうことになりますが、外資系ならざっと目を通してそれでおしまいです。
上司からのフィードバックなどありません。
ドキュメントに関するコメントが欲しいのならば、「こちらの内容について、○○日までにコメントを下さい」と具体的に要求を伝えることが必要になります。
日本語と英語の文法的構造の違いにも表れているように、外資系ではまず結論から話すのが鉄則。
だらだら長いメールを送っても、明確な要求が最初に書かれていないと、最初の1行だけ読んでゴミ箱行きとなってしまいます。
日本企業と外資系企業の文化の違いは、根本的な価値観の違いに由来します。
終身雇用・年功序列という日本固有の雇用慣行に代表されるように、日本では「雇用は守られるもの」というのが常識ですが、外資系企業では「企業は株主のものであり、利益を出すことが唯一の使命」とされています。
人材に求められるのも会社に利益をもたらすことがすべてと言えます。
結果がすべての成果主義だからこそ、「自分のやるべきこと以外はやらない」「自分にとって利益とならないなら全体会議もパスしてかまわない」という効率主義が徹底しているのです。

リストラ上等と開き直ることができるか?

日本企業との様々な違いを乗り越えて、外資系企業で成功する条件とは何か?

日本企業での常識は一度すべて忘れる
あらゆることが違うわけですから、違いにいちいち戸惑っていては、どんどん負のループにハマっていくだけです。
上司からどれだけキツイ言葉を投げつけられたとしても、「文化が違うのだから」と割り切り、自分がやるべきことをやって結果を出すことだけを考えればよいのです。

会社に依存しない自己の確立
外資系企業においては、従業員と会社の関係はプロスポーツ選手と同じ。
業績が良ければ高額の報酬とポストを手に入れ、悪ければリストラも当たり前。
リストラを恐れるのではなく、リストラされても構わない・どこにいてもやっていけるという自分を確立することが重要です。

あきらめないという心
一般的に、外資系企業で成功しなかった人の多くは、自らあきらめてリタイアしてしまった人だと言われています。
長いキャリアにおいては、どうしても結果が出せない時もあるはず。
「こんなこともある」とある意味楽観的に気持ちを切り替えられる人でなければトップは取れません。
そうした強い心を維持するためには、仕事に必要な力は自分で身に付けるという自助努力の積み重ねこそが重要となってきます。
外資系企業で成功するか否かはすべて自分次第。
「自己成長を忘れないこと」と「あきらめないこと」こそが、その本質と言えるのではないでしょうか。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP