タグ一覧

英語力が活きる転職先とは

ビジネスマンにとって英語力は必須能力。近年、そのような方針を全面的に打ち出す企業が増えています。たとえば楽天やユニクロなどは新卒採用において一定以上のTOEICスコアを条件としており、また社内公用語を英語とする企業も増えつつあります。もはや英語力が特別な能力ではなくなった今だからこそ、英語力が生きる転職先のついて考えてみたいと思います。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

英語力はもはや特別な能力ではない

近年、海外で活躍する日本人プロアスリートが増えています。
海外メデイアの取材などに流暢な外国語で対応するアスリートの姿を見ると、もはや語学力が特別なものではないことがわかります。
彼らアスリートには「英語力を生かして…」という発想はなく、コミュニケーションツールとして英語が必要ということに過ぎません。
近年、ビジネスマンにとって英語力は必須能力であるという考え方が一般的になってきました。
新卒採用において、英語力を採用要件の一つとしTOEICスコアで一定以上のスコアを条件とする企業もありますし、社内公用語はすべて英語という企業も増えつつあります。
つまり英語はできて当たり前の時代になったということであり、英語力は武器ではなく仕事に必要ないち要素になったと言えるのではないでしょうか。

「英語力を生かす=外資系」の考えはもう古い

英語力を生かす仕事と言えば、外資系企業をイメージする方も多いでしょう。
しかし、ビジネスのグローバル化とともに、外資系に限らず「あらゆる仕事」において英語力が求められるようになっています。
転職サイトなどの求人案件を見ると、様々な職種で英語力を資格要件としているものが多いのに気づくと思います。

たとえば、一見すると英語力はそれほど重要ではなさそうな国内営業職。
マーケットは国内に限られていても、海外の商品・サービスを国内市場に導入している企業であれば当然海外との接点が多くなり、英語力は欠かせません。
また海外からの購買・資材調達の仕事では、価格交渉・契約業務などをまとめていくため高い英語力が求められます。
海外からの観光客増加により、接客関連の職種でも英語力の高いスタッフを求めています。
もはや英語=外資系という考えは古いと言わざるを得ません。
また英語力はあくまでビジネススキルの一部であり、「英語力を最優先」とはならないのも事実。
「英語力を生かして」という考え方ではなく、「英語力というプラス要素もある」という観点から転職に向かうべきではないでしょうか。
まずは自分の市場価値を知り、将来のキャリアビジョンをしっかり描くことが重要です。

それでも英語力を活かしたいという方は通常の転職サイトの求人票だけでなく、近年増加しているグローバル展開を前提としたスタートアップやベンチャーを探すのも良い方法です。
そのためにグローバル展開を前提としたスタートアップやベンチャーを中心に投資活動をしているベンチャーキャピタルの出資先をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP