タグ一覧

企業内ベンチャーで失敗しない方法

企業内ベンチャーのメリットとは?

企業内ベンチャーのメリットとして挙げられるのが、まず社内の経営資源を最大限に活用できるところ。
創業メンバーを社内から選抜でき、ファイナンスなしに資金を調達することも可能となります。
また親会社のバックボーンやブランドが後ろ盾となるのも心強いと言えます。
創業期のベンチャーは社会的には無名の存在であり、商品・サービスを市場に認知させるまでには時間と労力を要するが、その点で親会社の知名度を利用できるのは有利と言えるでしょう。
独立に踏み切れるかどうかは、思い切ってリスクを取れるかどうかにかかっています。
しかし、そこが最も高いハードルです。
「アイデアはあるが、独立に踏み切る自信がない」起業したくてもできない方は多いと思います。
仮に企業内に社内ベンチャー制度があるなら、起業へのファーストステップとして手を挙げてみてもよいのではないでしょうか。

企業にとってはどんなメリットがある?

企業が企業内ベンチャーを推進するのには大きく2つの理由が考えられます。
一つは人材活性化です。
大企業で働く社員たちの多くは、企業の事業領域の広さ・スケール感・安定性などに魅力を感じ入社していますが、実際は「限られた分野で決められた役割を担うだけ」という現実に相対的に自分が小さく見えてしまいがち。
また、安定志向の保守的なタイプの人材が多くなりがちなため組織が硬直化しやすく、人材活性化のための施策として社内ベンチャーを推進する企業が増えています。
二つ目の理由としては事業多角化の契機としてビジネスの種を育てたいという意図があります。
組織が巨大化するにつれ、経営の意思決定スピードは鈍化し大胆なチャレンジはできにくくなっていきます。
更なる成長のためには新たな市場の開拓、商品・サービスの開発が不可欠ですが、それは一長一短にはいかないもの。
社内ベンチャー制度でアイデアを募ることにより、新たなビジネス発掘の可能性に期待していると考えられます。
またこれまでに企業内ベンチャーで立ち上がったものには、社会貢献性の高いビジネスなども多く見られ、そうしたビジネスを積極的に支援しているということで企業イメージの向上にも期待できると言えます。
 

企業内ベンチャー成功のカギ

社内ベンチャー支援を制度として取り入れる企業は年々増えていますが、必ずしも十分な展開を見せているとは言えないようです。
それにはいくつもの理由があります。
まず企業内ベンチャーではイントレプレナーがすべての意思決定を行うことができないことが挙げられます。
創業者ではあっても組織の一員であり、事業立ち上げには経営幹部の承認が必要となります。
そこで起業経験のない役員たちによりビジネスの芽が摘み取られてしまう可能性があるのです。
そうならないためにはキーパーソンを味方につける政治力が必要となり、社内の経営資源をいかに有効に活用できるかも重要となります。
独立起業と同様に同志となる立ち上げメンバーの人選は事業の命運を左右します。
どれだけ創業者としての情熱を伝播させ、想いを共有する仲間を集められるかが重要なのです。
事業が立ち上がってからも大きな懸念が存在します。
親会社からの過度の干渉です。
「金は出しても口は出さない」ベンチャーサイドからすればそれが理想ですが、やはり親会社から人事面・業務面での協力要請は避けられないもの。
独立性を担保するには、やはり社内政治力と独自の人事制度確立が肝と言えるでしょう。
必要のない人材を受け入れさせられることがないよう、社外から優秀な人材を確保できる環境整備を早くから行うべきです。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP