タグ一覧

営業経験が生きる転職先とは?

最近転職を考え始めたけれど、自分には営業経験しかない。違う職種にもチャレンジしたいが、やはり転職できるのは営業だけ?営業経験を生かせる転職先について考えてみましょう。

 

営業:年収500万円以上の求人情報

 

営業の本質とは?

「営業経験を生かして転職するならやはり営業職がベスト」 そう考える方は多いことでしょう。
「違う職種にチャレンジしたいが実務経験がなく、自分は営業しか知らない」 こうして営業一筋に歩んでいく方も少なくないと思います。
営業としてもっとも重要な資質は何か? それはコミュニケーションスキルです。
むしろ、営業の本質と言っていいかもしれません。
仕事の基本はコミュニケーションであり、営業としてコミュニケーションスキルを磨いてきた経験は大きな武器となると言えます。
「営業経験は営業でしか生かせない」 それは大きな間違いです。

足りないものは補っていけばいい

営業は企業を代表して顧客に相対するのが役目。
営業=会社の顔であり、そうあるためには求められる能力はコミュニケーションスキルだけではありません。

これに限らず、あらゆる仕事に通ずる汎用性の高いスキルをすでに持っているということなのです。
営業経験をどう生かすかよりも、「やりたいことに対して足りないものは何か?」を考えていくべきではないでしょうか。
自分に足りないスキルがわかれば、あとはそれを補うための準備期間と捉えてください。
経験したことだけに捉われていくとどんどん視野が狭くなり、自分の可能性を自ら放棄してしまうことになります。
営業として磨いてきたコミュニケーションスキルをベースに、やりたいことの実現に向けさらに自分を磨いていく。
その発想こそが大事だと思います。

営業の強みを活かすスキルアップ

顧客ニーズ、商品・サービスの市場優位性、マーケットなどあらゆる情報を集め的確に分析する力

顧客と最も多く接している営業だからこそ顧客のニーズを社内で最も肌感をもって保有しています。
視座を高くしそのノウハウを経営的な視点を通して、マーケティング能力への強みへと変化させる事で、元営業という強みを活かしながら貢献する事ができるようになります。
商談の相手の視点にたった商品やサービスのPR等も営業の強みを活かせるポイントです。

人を動かすリーダーシップ

営業=パワフルと連想する人も多いはずです。
人を巻き込む力は才能と言ってもよいでしょう。
人をうまく巻き込み新規事業の立ち上げや、社内の新制度の定着などに活かす事も出来ます。
なによりも肌感覚で現場を知っている元営業であれば社内にも受け入れられやすい制度に改善しながら取り組む事ができるはずです。

顧客の視点、ものづくりの視点、マーケットの視点などあらゆる角度から物事を見る力

自社商品やサービスに対して、顧客はこんな不満や課題を感じているのに・・・そんな第一線で活躍している営業だからこそ顧客のニーズやインサイトを突いた商品やサービスの開発ができます。

目標達成を諦めない意志力

自ら小さな目標設定をし自ら早いスピードでPDCAをまわせる能力が営業の強みです。
この能力をもってすれば何の職種でも活躍できます。
企業のTOPが営業経験を経て社長というポジションについているのも、この能力をもっているからでしょう。
近年では、マーケターやエンジニア経験者がTOPについていることもありますが、そのどちらも小さな目標設定をし早いスピードでPDCAをまわせる能力が必要とされているからだと考えます。

 

営業:年収500万円以上の求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP