タグ一覧

Indeed(インディード)とは

Indeedとは何なのか?世界最大の求人サイトとCMで言っているけど、まだあまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか。そんなIndeedの使い方を編集部が調べてみました。

最近CMでよく見るIndeedって何?

最近、IndeedのCMをTVでよく見かけるようになりました。
いったいIndeedとは何なのでしょうか。
indeedのWEBサイトのよくある質問を読んでみると次のようなサイトのようです。

Indeedは、ウェブ上に存在する数百万件の求人をまとめて検索できる No.1 求人検索エンジンです。
検索エンジンという特性を活かし、採用企業は、職種に関係なく採用ニーズに適した人材を得ることができます。

つまり、WEB上に存在するマイナビやリクナビ等の求人広告サイトの情報をまとめて検索できるようにした、求人版Googleといった所の様です。
※採用企業様はこちらからIndeedに登録ができます。

※2017年3月追記:2017年に入り、新機能として履歴書を探す機能も実装されました。
企業の採用担当者は自社にあった人材をフリーワードを使い検索することができます。

Indeedをチェック

 

Indeedの使い方

Indeedのサイトにアクセスすると下記のような検索ワードを入力するサイトにアクセスできます。
対応デバイスは、PCとスマホで利用が可能で、スマホアプリもあるようです。

ここに就きたい職種と働きたい勤務地を入力するだけで数百を超える求人サイトを横断して検索してくれます。
今回試しに”営業×東京”で検索をしてみましたが、 117,311件の求人が検索結果として表示されました。
検索結果ページはgoogleと非常によく似ていて、通常の検索結果表示に加え広告スペースも用意されているようです。

推定年収、雇用形態、職種名で更に絞り込みを行えます。
また、検索キーワードを残していて、検索履歴やおすすめの求人を表示してくれたりもするので、以前どのような求人情報を調べたかをフォローしてくれています。

こちらのフォームからも検索ができますので、ぜひお試しください。

キーワード
職種、キーワード
勤務地
都道府県名または市区町村名
jobs by job search

 

Indeedで求人情報をチェック

 

Indeedのその他の機能

Indeedの検索結果の下にある機能は次のような機能です。

保存する

求人を保存する機能です。
ログインをしているとMY求人リストで保存した求人票を保存しておくことができます。
また今すぐ応募するボタンから各サイトの応募フォームへ遷移する事ができます。
やはりIndeed内では応募できないようです。
※2017年に入り直接応募ができるようになってきています。

 

メモを残す

保存した求人にメモを残す事ができ、こちらもMY求人リストで確認ができます。

 

MY求人リスト

MY求人リストは、下記の機能を使えます。
外部サイトを経由して応募した求人は、自分でステータスを変更する必要があります。

 

メールする

メールする機能は、自分のメールアドレスや友人のメールアドレスにメールを送信することができます。

 

Indeedの新着求人情報を受け取る機能

ジョブアラートメール機能で希望した条件の新着情報をメールでお知らせしてくれます。

企業の求人票をindeedに広告出稿する

企業の人事担当者は、自社の広告をクリック型課金で出稿することが可能です。
うまく活用することで採用コストの削減に繋がりそうです。
私も使ってみましたが母集団形成をするには少し応募数が少なく感じました。
人材のクオリティは大手の広告媒体と変わらない印象です。

最新の詳細情報はこちらからIndeedにアクセス

Indeedの小技

世界最大の求人サイトとうたっているだけあり、世界の求人票を調べる事ができます。
日本のIndeedの場合はURLが( http://jp.indeed.com )このようになっています。
日本のドメインの国別コードがjpなのでhttp://jp.indeed.comになります。
これを応用し韓国の求人を見る場合はドメインの国別コードkr( http://kr.indeed.com )等、海外勤務したい国コードを入力して現地のリアルな求人に直接応募するなんてこともできそうですね。
ちなみにアメリカの求人を検索したい場合は( http://www.indeed.com/ )にアクセスするとアメリカ版indeedを利用できます。
モバイルサイトでは、TOPページの最下部に国選択があるのでそちらからも利用が可能です。

Indeed国別URL(国一覧)海外の求人の探し方

一部サブドメインの変更ではアクセスできないのでIndeedの国別リンクを掲載します。
海外勤務に興味のある方は下記を参照し、働きたい国の働きたい企業へ直接アプローチしてみましょう。

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP