タグ一覧

転職や退職の前に確認すべきチェック項目

転職や退職の前に心がけること

まずは何故転職をしたいのかを見つめ直す必要があります。
転職は自己実現の為の1つの手段でしかありません。
その理由は今の会社では本当に実現しないのかを考えてみて下さい。
退職理由はポジティブな理由とネガティブな理由の2つに分けられます。

ポジティブな転職理由

ポジティブな理由であれば、転職活動に進んでも良いでしょう。
会社の理念やビジョンが自分の求める将来像とかけ離れている場合はポジティブな理由となります。
ただし、一歩踏み込んで本当に転職という手段が最善なのかは最終確認をした方がよいです。

ネガティブな転職理由

気をつけて頂きたいのがネガティブな転職理由です。
なぜネガティブな感情を抱いているのかを考えましょう。
給与に関しても転職により給与が上がる保証はどこにもありませんし給与が上がるケースのが珍しいです。
また、ネガティブな理由での転職が失敗する大きな理由は退職を急いでしまうからです。
人間なのでネガティブな感情からは逃れたいと思ってしまうものです。
しかし、自分に合った会社選びをしないまま転職をしたとしても状況は好転しません。

これらは今の会社でも行動や視点を変える事により解消される可能性があります。
転職はリスクを伴う人生の選択なので、人事異動や実力のアピール不足などがないか一度考えてみて下さい。

ライフプランとキャリアプランを立てる

転職により給与が上がるケースは多くありません。
また、転職後は今と環境が変わるので就業時間や福利厚生が変化します。
ライフプランとキャリアプランのバランスがとれるかの計画を立てましょう。
下記に簡単な表を用意しましたので10年後までのプランを立ててみて下さい。
life-career-plan表の画像 ライフ&キャリアプラン表のダウンロード(excelファイル)

志向性を考慮した転職先を選ぶ

ライフプランとキャリアプランを立て終わったら転職先に求める条件をあげていき、妥協できる条件と妥協できない条件分けて行きましょ言う。
ローン・保険・生活費で幾ら必要か、家族や趣味の時間はどれくらい欲しいか、やりたい仕事ができるか、業界が変わってもよいのか等をピックアップしていくと、どんな会社に転職すべきかの条件が可視化されると思います。
忘れがちですが大切な条件の一つに、社風や企業文化があります。
あなたは会社や仕事に何を求めるのかという志向性を自分で把握する事も大切です。
大きく6つ程度で分類できます。
その条件を満たす会社を粘り強く探しましょう。
2年以上会社を探し続けて転職した人もいるので、転職エージェントや転職メディアだけでなく、行きたいと思える会社のホームページ等もチェックしましょう。

安定性重視

この項目が、転職先に求める条件の中に数多くあれば『安定性重視型』となります。

この項目が多い人は、大手企業や公務員といった会社を中心に転職先を探すことをお勧めします。
中小企業でもニッチな分野で高いシェア率を誇る会社もチェックしてみて下さい。

やりがい重視型

この項目が、転職先に求める条件の中に数多くあれば『やりがい重視型』となります。

この項目が多い人は、ベンチャー企業やNPO等の会社に転職し裁量権や人の役に立つ事に注力しても良いでしょう。
またスキルを活かす仕事でスペシャリストを目指せる会社をチェックしてみて下さい。

成長・キャリアアップ重視型

この項目が、転職先に求める条件の中に数多くあれば『成長・キャリアアップ重視型』となります。

この項目が多い人は、大手企業の新規事業やイントレプレナーを目指してみてもよいでしょう。
ベンチャー企業のスタートアップよりもリスクは大きくありませんし、母体が大企業なので研修や勉強会も開催されています。
しかし、ベンチャー企業のスタートアップよりも自由度は少ないです。

雰囲気・人間関係重視型

この項目が、転職先に求める条件の中に数多くあれば『雰囲気・人間関係重視型』となります。

この項目が多い人は、比較的小規模な会社や店舗を探してみてもよいでしょう。
少人数だからこそ周囲の環境変化により雰囲気が変わる可能性も秘めているので、しっかりと見定めましょう。

ワークライフバランス重視型

この項目が、転職先に求める条件の中に数多くあれば『ワークライフバランス重視型』となります。

この項目が多い人は、安定性重視型と同じように大手企業や公務員といった会社を中心に転職先を探すことをお勧めします。
こちらも中小企業でもニッチな分野で高いシェア率を誇る会社もチェックしてみて下さい。

給与重視型

この項目が、転職先に求める条件の中に数多くあれば『給与重視型』となります。

この項目が多い人は、外資系企業や利益率の高い業界を中心に転職先を探すことをお勧めします。
しかし競争の中に身を置くことになりますので覚悟も必要になります。

退職スケジュールを立てる

今の会社は出来る限り円満退社しましょう。
同じ業界や業務を行うならなおさらで築き上げた人脈を捨てる必要はありません。
円満退社するために、しっかりと退職まで業務を全うし引き継ぎを行うようにしましょう。
またプロジェクト等に関わっている場合は、キリが良いタイミングで退職できるようなスケジュールを立てておきましょう。

会社を辞めてからの転職活動の注意点

自己都合で会社を退職した場合、3ヶ月間は失業給付金を受け取れません。
その間は給与は0円になります。
そして、社会保険が国民健康保険と国民年金に切り替わることで毎月の保険料は増加します。
しっかりと会社選びができるだけの貯蓄をするように心がけて下さい。

転職先での面接のタイミング

転職活動はできるだけ働きながらして下さい。
しかし、働いていると転職エージェントや転職先とのやり取りで時間が取られます。
その時は今の状況をしっかりと伝え対応してもらいましょう。
あなたを本当に欲しいと思って貰えていれば、就業時間後に面接や面談を設定してくれます。
転職エージェントに断られた時は、エージェントを変えるのも手です。

ロールモデルに相談する

新たなチャレンジをする場合、業界や業種が変わる事があると思います。
交流会に参加したり友人に紹介してもらったりと、で得着る限り業界の人と話してください。
新しい人脈形成にも繋がり、より転職後の失敗リスクを減らせます。

退職までの流れ

転職経験がないと退職の流れを意外と知らないものです。
一般的な退職の流れをチェックしてみましょう。
会社へ退職する意思を表明する前に家族に相談していない場合は、家族にも相談するようにしましょう。
嫁ブロックを解決する方法でも書きましたが、あなたと同じで家族も不安になるものです。
プライベートでのトラブルを未然に防ぐためにも前もって話し合いをする事をお勧めします。

退職を伝えるタイミング

会社の規則にもよりますが、最低でも2週間前には退職の意思を伝えましょう。
今のポジションに変わりが居ないのであれば2か月前には退職の意思を伝えましょう。

転職や退職の前の社内業務

転職や退職の前に業務の引き継ぎをおこなう必要があります。

転職や退職の前の取引先業務

社内での対応だけでなく取引先などにも挨拶をした方がよいです。

退職後に必要な手続き

主に下記の手続きは14日以内に行う必要があります。
詳しくはお住まいの市区町村役場でお聞きください。

年金保険

年金手帳は必ず必要ですので、退職前に準備しておきましょう。
退職後は、国民年金か厚生年金に加入する必要があります。
次の転職まで期間が有る場合は、国民年金を市区町村役場で手続きする必要があります。
期間が空かない場合は勤務先で厚生年金の手続きを行います。

税金の手続き

住民税や所得申告のための年末調整は、会社に義務付けられた税務上の業務です。
しかし、退職すると個人の義務になります。
そのため個人で手続きを行う必要があります。
その際に、源泉徴収票が必要になります。
転職後も転職先で源泉徴収票が必要になりますのでこちらも必ず受領しておいてください。
住民税は転職前の会社で一括納付していない場合は、個人で納める必要があります。
前年度の収入から税額が算出されているので、収入がないのに税金の請求が沢山きてしまったとならないようご注意ください。
転職前の会社で退職時に一括納付していない場合は市区町村役場にて、普通徴収への切り替え手続きが必要です。
転職までの期間が短い場合は普通徴収への切り替え手続きは不要です。

雇用保険(失業保険)の手続き

転職先が決まっていない場合は、ハローワークで失業保険の申請をしましょう。
こちらは離職票や雇用保険被保険者証が必要になります。
一般的には退職後、会社から郵送で送って貰えます。
雇用保険被保険者証がない場合は、ハローワークで再発行手続きをする必要があります。

健康保険の手続き

国民健康保険

お住まいの市区町村役場・国民健康保険の窓口 ■ 退職日が証明できるもの(資格喪失連絡票など) ■ 身分証明書 ■ 印鑑

【重要】健康保険の任意継続

会社の社会保険に加入していた人が会社を退職しても、一定の条件を満たしていれば退職後も社会保険を継続できる制度です。
2ヶ月以上の被保険者期間がある人が資格喪失日から20日以内に健康保険任意継続被保険者資格取得申出書 (被扶養者がいる場合は、健康保険被扶養者届欄にも記入が必要)を全国健康保険協会支部で手続きをしなければ資格が無くなりますのでご注意ください。

被扶養者になる

転職までの期間、ご家族の被扶養者になるという方法もあります。
扶養者が国民健康保険の場合市区町村で、会社勤めの場合は務めている会社での手続きが必要です。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP