タグ一覧

仕事ができる人となるためのルール

「急ぎの仕事ほど忙しい人に頼め」昔から言われてきたビジネス格言のひとつ。 仕事は「仕事ができる人」のもとに集中します。傍目には忙しそうに見えても、仕事のできる人が忙しがったりしないのは、仕事の段取りがきちんと見えているから。 また仕事のできる人ほど、簡単に「できない」とは言わないもの。それはどうすればできるかを先ず考えるからです。ここでは「仕事ができる人」について具体的に考えてみましょう。

 

自己成長できる企業の求人情報

 

仕事ができる人の定義

「仕事ができる人」とはどんな人でしょう? 一言で表すなら、周囲に信頼され結果を残す人でしょうか。
結果を残すとはすべてにおいて成功するということではありません。
失敗しない人間などいないのです。
たとえ失敗やミスをしてもそこから学ぶことが大切であり、ミスをミスと認める率直さが周囲からの信頼へと繋がるわけです。
エリートと言われるタイプに多いのが、自分は成功しか知らないという人。
こういう類いの人は負けを経験したことがないので、たった一度の失敗で立ち直れないほどのダメージを負う可能性があります。
ある意味では失敗や挫折を乗り越えた経験は、仕事のできる人となるためには欠かせないものなのかもしれません。

仕事ができる人の特徴

それでは仕事ができる人の特徴をいくつか挙げてみましょう。

タイムマネジメントと目標設定

仕事のできる人はまず仕事が完成するまでの期限を設定します。
効率を意識し、常に目標を持った仕事の進め方を考えるので、想定より早く仕事を終える傾向があります。
それゆえ仕事ができる人のもとには仕事が集中することになります。

PDCAサイクルがきちんと回っている

与えられた仕事に対し、自らプランを立て実行し、その結果を検証し、改善点を見つけ出し、それを次の仕事へ活かしていく。
こうしたPDCAサイクルがしっかりしている人は経験からたくさんのことを学ぶことができる人です。

報・連・相の基本を怠らない

ビジネスの基本とされていることですが、仕事のできない人ほどこれが徹底されていません。
上司からの叱責を恐れてミスを隠したり、それを誤魔化すために不正を行なったりの行為はいずれ取返しのつかない事態を招きます。

活用できる人脈を持っている

どれだけ能力の高い人であっても、すべてを自分でこなすことは不可能です。
仕事のできる人ほど様々な分野のエキスパートとのネットワークを持っており、専門知識の補完・情報収集など、その人脈を有効に活用することができます。

成功と失敗から学ぶことができる

自分の成功と失敗だけではなく、他人の成功と失敗からも学ぶことができるのが仕事のできる人の特徴のひとつ。
自分の経験を教訓として活かすのは比較的容易ですが、他人の成功や失敗から学べる人はそう多くないはず。
人には競争意識があり、他人の失敗を喜ぶことはあっても、成功を素直に喜ぶことは難しいもの。
これができる人のもとには自然と人が集まり、人脈が広がっていくことになるのです。

仕事ができる人の思考とは

仕事ができる人はどんなに考え方をするのかを挙げてみます。

ゼロベースで物事を考えられる

柔軟な発想とは、偏った情報や常識などを鵜呑みにせず、白紙の状態から物事を考えられるということ。
こういう考え方が苦手な人は、結論ありきの思考になりがちで「新しいものを創り出す」ことはできません。

相手の立場に立った考えができる

コミュニケーションの基本であり、ビジネスマンにとっては顧客満足度を満たす仕事の根幹となるもの。

俯瞰で全体像を捉えることができる

「木を見て森を見ず」という言葉にあるように、人は得てして目先の利益や感情、一般常識などから物事を捉えがち。
しかし、これでは物事の本質を見抜くことはできません。
自分の主観を捨て、客観的に物事を捉えることが必要です。

できない理由は考えない

難しい仕事や課題に直面した時、直感的に難しいと感じても「どうすればできるか」という考え方をする人が仕事のできる人。
諦めてしまえば成長はありません。
どんなに難しいことであっても、考えて、考えて、考え抜くことで人は成長できるのです。

 

自己成長できる企業の求人情報

 

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP