タグ一覧

転職に失敗しない転職理由

退職理由と応募動機とに分けて考える

ネガティブな転職理由は好ましくないと言われますが、現状に対する不満がなければ転職を考えることはないはず。
「キャリアアップの限界を感じた」 「職場の人間関係が上手くいかない」 「ブラック企業だった」 「やりたい仕事ができなかった」 転職を考える理由は人により異なりますが、大切なのはネガティブな要因で転職を焦らないこと。
転職を成功させるためには、まず自分の将来を設計し直すことが必要です。
面接においては転職理由を必ず問われます。
ここで問われているのは「なぜ退職したのか?」ではありません。
答えるべきは自分が描く将来像です。
具体的には、自分がどんなビジョンを持って就職し、何が理由で転職を決意したのか。
転職先としてなぜその会社を選び、何がしたいのか。
そしてどんな将来ビジョンを描いているのか。
このように、退職理由と応募動機とを合わせて答えれば、無理にポジティブな転職理由を考える必要はなくなると思います。

時には逃げることも大事

ネガティブな転職理由で転職を焦ってもいい結果は生まれない。
しかし、もしも耐え難いほどの苦しい状況にあるのなら、無理に働き続ける必要はありません。
上司から執拗なパワハラを受けている。
同僚から謂れのないいじめを受けている。
給与未払いが続いている。
こんな状況で働き続けても意味はありません。
時には逃げることも大事なのです。
一度自分をリセットし、あらためて自分の未来を見つめ直すことがいい転職へとつながるはずです。

転職に対してドライになれ

仕事に対する価値観の多様化により、働く人の転職に対する意識は劇的に変化。
やりたいことができ、さらなる成長ができるなら転職することに抵抗はないという人が増えています。
裏を返せば、転職に向かう動機として明確な将来ビジョンを持たなければならないということでもあります。
若手世代を中心に企業への定着率は減少傾向にあり、人材は流動するのが当たり前となりつつあります。
そうした環境の中、企業が求めるのは市場価値が高い人材。
ネガティブな転職理由で焦って転職に動く前に、自分にどれほどの市場価値があるのかを知っておくべきです。
経験・スキルが足りないからやりたいことを諦めるのではなく、経験・スキルを蓄積するための転職もあり得るのではないでしょうか? 道は真っ直ぐとは限りません。
時には回り道も必要かもしれない。
転職を焦らず、まずは自分の将来設計をじっくり考えてください。
チャレンジすることを諦めずに、自分にできることを探していきましょう。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP