タグ一覧

ゲームディレクターの仕事とは

ゲームディレクターとはどのような仕事をするのでしょうか。また、ゲームディレクターに必要なスキルとはどのようなものなのでしょうか。ここでは、ゲームディレクターの仕事について解説しています。

 

ゲームディレクターの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

ゲームディレクターの役割

ゲーム制作の仕事を進める上で、ディレクターはゲームプレイヤーの満足度に対して責任を持つ役割を担っています。
ゲームや遊戯物等の娯楽を提供するゲーム・アミューズメント系の職種は人気があり、ヒット作を作れば時代を作ると言っても過言ではない影響力の高い仕事です。
ディレクターに求められる仕事内容や特徴を知る事で、娯楽作りの楽しみやハードルの高さが理解出来ます。

ゲームディレクターの仕事とは

ゲームディレクターはゲーム制作の最高責任者とも言える立場であり、一般的に制作系の仕事と言うのはゲーム制作に関わらず、ディレクターの上にプロデューサーが置かれているものです。
プロデューサーと言うのはお金に責任を持ち、売り上げに対して責任のトップであり、ディレクターと言うのは制作部隊の実質トップであり、顧客満足度に対しての責任のトップと言える立場になります。
この辺りは曖昧になっている現場もありますし、制作における立場というのは創作物の特性によっていくらでも変わるものではあるものの、一般的にはゲームやアミューズメント機器がつまらないと市場で判定された時にはディレクターの責任と言えるものです。

そして売れない場合はプロデューサーの責任と言えるものであり、ディレクター経験を経てからプロデューサーになるというのは良くあるパターンです。
いずれにしてもゲームディレクターの場合は、制作を行う過程で人材や金、様々な制限を考慮した上で、最高に面白いゲームやアミューズメント機器や施設を作りあげて評価を得る事が重要です。
プロデューサーとの打ち合わせを重ねて、プロデューサーが人材や金、予算スケジュール、全体の舵取りを担い、ディレクターはその中で最高の娯楽を産み出す事が求められます。

理想的なプロデューサーとの関係性について

ゲームディレクターという仕事を語る上で、プロデューサーとの関係性は切っても切り離せないものですが、面白いものを沢山売るためには、両者の綿密な連携が成功の鍵と言えるでしょう。
プロデューサーというのは、面白いものを作れると見込んだディレクターを連れてくる事になり、ディレクターも作った商品をより売れるように仕掛けてくれるプロデューサーと組みたいものです。

両者の仕事領域は理想とすれば不可侵である事が望ましく、売れる事に責任を持つプロデューサー、面白さに責任を持つディレクター、打ち合わせやコミュニケーションは必要であっても、売る、楽しませる、それぞれの仕事領域の本質な所はタッチしない事が望ましいと言えます。
ディレクターはプロデューサーに対して、自分はもっと売れる方法を思いつく、プロデューサーは自分はもっと面白いものが作れる、こうした発想で接触すると、両輪が噛み合わずに空中分解する可能性が高いです。
互いの仕事領域で信頼出来る者同士で組める事が理想ではあります。

ディレクターとプロデューサーの兼任について

ゲームディレクターはプロデュース職との兼任は出来るのでしょうか。
結論から言えば大規模プロダクションによる制作現場ではほぼ不可能ですが、小規模なゲームなどの場合はディレクションとプロデューサーの両方を兼任するようなこともあります。
ただし、やはり専門領域は専門家に任せる事が望ましいと言えます。
面白いものを作るディレクター、金を集めて稼ぐプロデューサー、これらは発想の原点が矛盾する部分もあり、両面をきちんと調整するためには、利害関係の概念を自分の役職の外に置くようなことができなければできないでしょう。
例えば、どんな役職についたとしても、絶対に顧客としてのゲームプレイヤーの立場を崩さずに考えることができる、などです。

 ゲームディレクター本人がただ純粋に作りたいものだけを制作し、その行動自体が売りになってしまう時代を動かす偉大な作家等の中には、結果的に面白さと売るという両面が自然と出来る可能性がありますが、一般的なサラリーマンゲームディレクターには現実的ではないと言えます。

 

ゲームディレクターの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP