タグ一覧

部下に謝ったことがありますか?

何があっても謝らない上司

世の中には、何があっても謝らない上司がいます。
自分に非があってもとにかく謝ることはしません。
彼らには、いくつかの共通した性格的特徴があります。
・自信家 ・プライドが高い ・傲慢 ・強情 ・年功序列主義者 特に部下を自分より下の人間だと思っている上司は、謝るどころか、「君のせいだろう」と責任を他人に擦り付けるような、かなり理不尽な態度をとることもあります。
その上司は自分では気づいていないのでしょう。
こうした自分の性格的な特徴や、部下への粗暴な振る舞いが、自分にとっても大きな不利益を生じさせているということを。

自分が一番損する!部下に謝らないことのデメリット

ここでは、上司が部下に謝らないことによって生じるデメリットを、謝る姿勢を持つことによるメリットを交えてご紹介します。

職場からの信頼を失う

謝らない上司は、甘い態度をとって部下に謝るようなことをすれば、職場のみんなに面目が立たないと考えているようです。
しかし、これはまったく逆です。
自分の非を素直に認めず、頑なに謝らないその態度こそ、信頼を失います。
特に、上司のミスで、職場全体に迷惑がかかった場合などはなおさらです。
たとえ自分より年齢や勤続年数がかなり下の部下であっても、そんなことは関係なく頭を下げられる人間性は、周りにいい印象を与えることになります。

部下のモチベーションを下げる

上司が自分の非を認めないという態度は、部下の仕事に対する積極性も減退させてしまいます。
仕事でミスをしてしまうことは、その責任が全部自分に押し付けられてしまう恐れがあるからです。
“謝る”ということは、“自分にも責任の一端がある”と相手に示すことです。
たとえば、あなたがこれまでに取り組んだことのない、挑戦的な仕事に取り組むことになったとします。
「俺も一緒に責任を取ってやるから思い切りやってみろ」と言う上司と、「失敗しても俺は謝らないからな、すべて自分の責任だぞ」という上司、どちらの下で働きたいでしょうか。
もちろん、答えは前者だと思います。
プライドを捨てて謝る姿勢を持つことや責任を一緒に共有することは、部下の成長のためには欠かせない、上司として持つべき資質なのです。

自分の実質的な評価に影響する

上司も社員の一員ですので、当然、会社からの人事評価は行われます。
上司としての評価は、実際目に見える数字として成果も含まれますが、「管轄するチーム(職場)全体の状態が健全であるか」がもっとも大事な評価基準となります。
前述したように、上司として責任逃れをしたり部下に謝らない態度をひたすらとることは、自分の人望を損なうきっかけとなり、職場全体のモチベーションを下げます。
そうなると、当然、上司の上司からは、「どうなっているんだ?!」とお叱りを受けるでしょう。
自分の評価は下がる、チームの指揮は上がらない、会社の利益にはつながらない、で良いことなど1つもありません。
“謝らないだけ”と甘く考えていてはいけません。
その意固地な態度を持っているだけで、このように様々なマイナスを連鎖的に引き起こしていくのです。

アドバイス

これまで「一度も部下に謝ったことがない…」という上司の皆さん。
ぜひ、自分に非があると感じたときや責任の一端があると感じたときなどは、積極的に部下に謝ってみてください。
「悪かったな」「これは俺の責任でもあるよ」と一言でも声をかけることで、これまでの関係がもっといい方向に進むかもしれません。
難しい点は、“謝るべきでないところでは謝らない”というところです。
謝りどころを間違うと、それこそ、威厳がなく頼りない上司に見られてしまいます。
この点に気を付けながら、ここでのアドバイスを実践してみてください。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP