タグ一覧

テレアポで言ってはいけない言葉とは

テレアポでアポが取れる人は、ただ単に人柄が良かったり、運が良かったりするわけではありません。彼らはそれなりのテレアポのコツを身に付けているのです。ここでは、そのいくつかのコツを具体的にご紹介します。

 

テレアポの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

テレアポには“高度なスキル”が必要になってきた

テレアポでは、言ってはいけない言葉と、アポを取るまでに気を付けるべきポイントが存在します。
従来のテレアポは、“懇切丁寧”が錦の御旗のように広く言われていました。
しかし、テレアポでの営業・勧誘が増えた最近では、ただ丁寧に話すだけでは成果が得られなくなってきています。
ここでのアドナイスを実践されて、成果につながるテレアポのスキルを身に付けてください。

言ってはいけない3つの言葉

冒頭で、「言ってはいけない言葉がある」と言いました。
まず、その言葉を3つ、理由と共にご紹介します。

今お時間大丈夫でしょうか?

もしあなたが電話を取った相手からこのように尋ねられたら何と答えますか? おそらく余程暇をしているときでない限り、「今忙しいです」などと断るのではないでしょうか。
テレアポとして電話を掛けるときは、弱腰で曖昧な質問はできるだけ避けなければなりません。
電話をかけた相手に、断るチャンスを与えてはいけないのです。

資料(パンフレット)をお送りしてもよろしいでしょうか?

この言い方も禁句です。
基本的にテレアポでは、相手の許可を取らなければ前に進まないような質問の仕方は賢い方法ではありません。
1つ目の「今お時間よろしいでしょうか?」と同様、断るチャンスを相手に与えてしまうからです。
ここでのテレアポの第一の役割は、相手に商品を買わせたり、契約を結ばせたりということではありません。
あくまでも“資料(パンフレット)を届けることだけ”ですので、その点を強調する言い方がベストです。

ご予定はいつ空いていらっしゃいますか?

一見、何の問題もないように見えます。
確かに、それなりに関係ができている相手で、会う予定が前々からあったのなら問題はありません。
しかし、初めて電話を掛ける相手の場合は、適切ではありません。
この聞き方では、会うor会わない、の判断を100%相手にゆだねることになってしまうため、「しばらく空いてないです」と断られやすい流れを自分で作っていることになります。

3つの言葉の“共通点”とは?

これら3つは、相手に余裕を持たせて“許可”を取りながら話を進めていくスタイルです。
そもそもテレアポに対してあまりいい印象を抱いていない人なら、そもそも許可なんてしてくれるわけがありません。
「お客さまだから強引な表現になってはいけない!」と真面目に考えている人は当然いると思います。
しかし、アポを取るためにはへりくだってばかりいてはいけません。
少々強気な表現を使うことも、ポイントの1つなのです。
では最後に、そのポイントを2つ、具体的に紹介します。

断定的な表現

テレアポの言葉の表現としてお勧めしたいのが、“相手の選択肢を失くすこと”です。
先に挙げた3つの言葉を、この表現に言い換えてみると次のようになります。

このように断定的な表現で話すと、断るチャンスを減らせることになります。
あくまで、「最初からそのつもりでした」という雰囲気を感じさせるのです。
具体的な時間や日にちを提示することで、曖昧な表現を避け、話を進めていくとその効果はより高まります。

メリットを感じさせる

そして、相手に自分とアポを取ることにメリットがあると感じさせなければなりません。
「今からAさんが気にされていた○○について話します」「無料で○○付きの資料をお送りします」「お伺いの際には、プラスの情報も持っていきますね」などと、相手がお得だと思うような付加価値を何かしら付け加えるようにしましょう。
ただし、誇張したり嘘をついてアポを取っても、後で後悔するので、その点にも注意してください。
以上、テレアポで言ってはいけない言葉3つと、成功のためのポイントについてご紹介しました。
どれか1つでも気を付けながら行うと、効果は出ると思いますよ。

 

テレアポの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP