タグ一覧

Webディレクターの仕事とは

Webディレクターとは具体的にどのような仕事をしているのでしょうか?また、Webディレクターに必要なスキルや、経験とはどのようなものでしょうか?ここではWebディレクターになるために必要な情報を掲載しています。

 

Webディレクターの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

Webディレクターの仕事内容とは

Webディレクターとは、監督、または指揮をとる人の総称であり、Webサイトなどを開発する際に、WebデザイナーやWebプログラマーなどのスタッフをマネジメントし、さらには現場を一つにまとめ、そして進行を管理する仕事です。

主に、Web制作会社がクライアントから請け負った案件などで、そのまとめ役を担当するのがWebディレクターとなります。
チームを一つにまとめ、クライアントの要望をしっかりと汲み取るように制作管理をし、そして作業の現場を管理していきます。
クライアントが満足する品質と納期を担保する必要があるので、もしも作業が遅れてしまったり、修正が必要な場合は、Webディレクターが指示をだし、全体の作業の軌道修正を行います。

Webサイトの制作案件は複数にまたがることも多く、それらが同時進行することも珍しくありません。
そのため、それらの制作の進行ををすべて同時に管理する管理能力が必要とされる職務であり、また大勢のスタッフをまとめるマネジメント能力やリーダーシップなどが求められます。

また、Webサイトのコンテンツの品質などを向上させるため、Webディレクター自身が企画や取材に関わることもあります。
職場によってはWebディレクターが、プランニングなども兼ねることもあるでしょう。

Webディレクターに必要なスキル

Webディレクターは複数のプロジェクトを同時進行で任せられるケースも少なくないので、これらのスケジュールをしっかりと管理をすることができる、スケジュール管理能力も必須となります。

また、納期を守りながら、どの程度時間がかかるのかなどを見定めて各担当者に的確な指示を出せなければなりません。
さらに、品質の良いWebサイトを作成するためには、プランニングやデザイン、そしてプログラミング、コーディングなど、Webに関する幅広い知識や技術、そして経験が必要とされます。

制作に関しては各担当者が行うので、それらの具体的な技術を習得している必要はありませんが、各担当者がどのような作業を行っているかを把握できる程度の知識は必要です。
例えば、プログラミング言語そのものを扱える知識は必要ありませんが、PHP、Ruby、Javascript、HTML、CSSなどのプログラミング言語にどのような特色や役割があるか程度は知っておく必要があるでしょう。

さらに、クライアントと現場などの橋渡しの役割もあります。
そのため、情報を正確に伝えるコミュニケーション能力と、クライアントを120%満足させられるようなコンサルティング能力も場合によっては必要となります。

Webディレクターになるためには

Webディレクターになるために特別な資格は必要ありませんが、あれば有利に働く資格もいくつかあります。

たとえば、Webディレクターに関する資格として、「Webディレクター試験」があります。
こちらは、社団法人全日本能率連盟登録資格が行っている資格試験です。
こちらの資格を持っていることで、Webディレクターとしての専門知識を持っているという証明になり、実践スキルがあるとみなされることも多いので転職には有利です。
これらの資格は、専門学校や各種スクールで取得することも可能ですが、独学で試験を受けることも可能です。

また、Webディレクターとして活躍している人の中には、WebデザイナーやWebプログラマーなどのスタッフとして経験を積み、その後ステップアップをするというケースも少なくありません。
さらに、他の職種から転職をする方もいまでは増えています。

Webディレクターとして活躍するためには、チームのマネジメント経験が優遇され、未経験者が挑戦するのは非常に難しいかもしれません。
まずはWeb関係の他の職種に就き、Webディレクターを目指すのが最適な方法です。

 

Webディレクターの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP