タグ一覧

仕事が暇すぎることのメリットとデメリット

「仕事が暇すぎる」という状況に対する意見は、肯定・否定ともに様々あります。ここではそんな意見も踏まえながら、仕事が暇すぎることのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

仕事が暇すぎることの肯定的見方とメリット

まず肯定的な考え方から見てみましょう。
仕事が暇すぎると感じるということは、仕事におけるストレスをほとんど感じないことにつながります。
仕事で失敗したり、大きなプロジェクトを任されプレッシャーを感じたりというリスクが少ないわけですから、精神的なゆとりを常にも持つことができます。

これは、コツコツと作業を自分のペースで進められる性格の人に当てはまる思考かもしれません。
ただし、仕事が暇なことのメリットの一面に過ぎないことも事実です。
詳細は「否定的な意見」として後述しますが、暇すぎる仕事に対しては精神的にゆとりを持つことができずに、むしろ苦痛を感じる人もいるようです。

さらに、肯定的意見として、仕事をこなすことが苦でなくなることは、自分のために使える時間が増えることにもつながります。
職場環境にもよりますが、「暇すぎる」と感じる容易な仕事は、さっさと定時で終わらせてプライベートを充実させることができます。
残業や長時間労働が避けられることが大きなメリットと言えるでしょう。

また、仕事自体が暇すぎるものであっても、その中に自分なりのやりがいを見つけながら取り組んでいる人もいるようです。
そもそも仕事自体にやりがいを求めていない人や、仕事内容にこだわらず、家族との時間を優先的に考えている人などにとっては、仕事が暇すぎる状況に対しても、肯定的にとらえられる場合が多いようです。

仕事が暇すぎることの否定的見方とデメリット

毎日多忙な業務に追われている人にとっては、前述したようないくつかの暇すぎることのメリットに羨望のまなざしを送る人も多いでしょう。
特に長時間労働や過労死、サービス残業、うつ病の発症が多い日本ではなおさらです。

しかし、実は仕事が暇すぎることに苦痛を感じている人もたくさんいるのが事実なのです。
問題は暇なのではく、暇“すぎる”ことにあります。
2016年の5月にフランスで起こったある事件が、暇すぎることの弊害を示しています。
その事件とは、「暇すぎる仕事のせいで精神を患った」として、フランス人男性から元上司に損害賠償請求がされた、というものです。

自分の仕事にやりがいを感じられず、生きるエネルギーを失ったという男性は、「退屈症候群」を患い、それがきっかけで交通事故を起こした、とニュースで報じられました。
日本では、激務による過労死や自殺などの裁判は散見されますが、この事件は全く逆の訴訟内容ということになります。

この一連の出来事は、たとえ男性の主張が事実であったとしても、単なる思い込みだったとしても、仕事が暇すぎることの弊害が確かに存在することを示しています。
一日の3分の2以上を費やす仕事の時間にエネルギーを注ぐことができないという環境は、そのまま自分の人生に生きがいを感じられなくなる要素になり得るのかもしれません。

仕事が暇すぎるということは、業務内容が容易だということです。
これは一見楽なように思いますが、自分の成長には繋がりにくい状況、ということでもあります。
技術職であれ営業職であれ、時間をかけて試行錯誤を繰り返して、悩みながら困難な課題をクリアした時に、自分の人間としての成長を実感できるものです。
このように、暇すぎる仕事は、「成長があまり感じられず、人生に刺激が少ない」というデメリットがあるとも言えます。

いかがでしたでしょうか。
ここに挙げたいくつかの意見からもお分かりの通り、仕事が暇すぎることに対しては断定的に、良いor悪い、という見方のジャッジは下せません。
仕事が暇すぎてラッキーと感じる人もいれば、苦痛に感じる人もいる、ということですので、自分がどちらに当てはまるかが最終的な判断の基準になると思います。
ここで述べた意見はあくまで参考程度とし、自分が置かれている環境、価値観等と照らし合わせて考えてみてください。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP