タグ一覧

職場で「分かりません」は禁句か

分かりませんという言葉は禁句?

仕事を進めていく上で分からないことが出てきた場合や、上司などに言われた内容が理解できない、分からないということもあるのではないでしょうか。
その際に「分かりません」という言葉を使用するのは禁句なのでしょうか。
ここで勘違いしてはいけないのが、分かりませんという言葉を使用することは決して禁句ではなく、むしろ分かりませんという言葉を使い分からないことは率先して聞くことが重要となります。
社会人になった場合分からない状態であってもそれを聞くのは恥ずかしいとか、仕事ができないように見られるのが嫌だといった理由で分かりませんという言葉を一切使用しない人もいます。
しかしその考え方が大きな間違いであり、分かりませんという言葉を使用しないということは、仕事の内容などを理解しないまま進めていくことにもなるため、仕事上で必ずトラブルやミスを引き起こすことになります。
それを未然に防止するためには分かりませんと言う言葉を使うことは決して悪いことではありません。

分かりませんという言葉=悪という概念を捨てましょう

仕事をする上では分かりませんと言う言葉=悪という概念を持つ人も多いわけですが、分かりませんと言う言葉が悪いのではなく、本当に悪いのは分からない状態を隠して分かったフリをしている状態です。
確かに分かりませんと言えば上司からの評価なども下がる恐れがあり自分自身のプライドが傷つくのは分かりますが、そんなプライドは仕事に関しては不要だと言えます。
分かったフリで仕事を続けることのほうがよほど恥ずかしい行為ですし、そのことにより会社に対し多大な不利益を与えることにもなりかねません。
そうなった時に自分自身が責任を取れるのなら良いですが、分からないまま仕事を続けた結果不利益を与えてしまうと責任云々と言う問題以上に、自分自身の信用を大きく損なうことになります。
それは社会人としての信頼を失うことになるため、それ以降重要な仕事を与えてもらえない、会社内で孤立してしまうという状況を生み出す恐れもあります。
そうならないためには分からないことはちゃんと聞いて理解することと、分かりませんと言う言葉を口に出して聞くべきことは直接聞けるように行動することが必要です。

同じことを何度も聞かないようにメモを

分かりませんと言う言葉は決して禁句ではありませんが、前にも聞いた内容なのに何度も分かりませんと言って聞くようではそれは社会人として仕事ができないと言う評価にもなります。
分からないことを聞くこと自体は問題ありませんが、何度聞いてもそれを理解できていない、もしくは内容を忘れていることが問題となります。
そのため「分かりません」を使用する場合にはメモをとる習慣をつけることがとても重要になってきます。
メモを取ることで分からなかった内容を文章として残すことが出来るため、聞いたときには半分くらいしか理解できなかった内容も再度メモを見て確認することで100%理解することが可能になります。
もし内容を忘れてしまった場合でもメモが残っていることで再確認することが出来るため、何度も同じ内容を分かりませんと言わなくても済むことにもなります。
社会人として仕事をしていく上で分からないことを分からないまま放置することが最もダメな行為ですので、分かりませんと言う言葉は禁句だとは考えず、どんどん分からないことに関しては聞く姿勢をもつことが一人前の社会人になる近道だと言えます。
もしその場で聞くタイミングが無かった場合や聞き難い雰囲気の場合には休憩時間やメールなどを利用して分からない事を分かる状態にすることも良い方法と言えます。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP