タグ一覧

仕事に対する責任感を持つために必要な3つの意識

仕事に対する責任感を持てるようになるにはどうしたらいいのか?上司に「仕事に対する責任感がない」と言われたらショックですよね。そこで今回は、仕事に対する責任感を持つために必要な意識について解説します。

おすすめの求人情報
> 自己成長の機会がある企業の求人情報はこちら

仕事に関係するすべての人のことを考えて行動する

仕事は一人では成り立たないものです。
自分や身近な人のことだけを考えて行動すると、その仕事に関係する他の人たちに迷惑をかけてしまうことがあります。
迷惑をかけないためには、“仕事に関係するすべての人のことを考えて行動する”ことが必要で、これが責任感だといえます。
このように行動するためには、仕事の流れをすべて把握することが必要です。
すべてを把握すると同時に、自分のやるべきことや期日などを把握します。
これらを把握していないと、ほかの人に迷惑をかけてしまう可能性があります。
これは自分の分担だからと先延ばしにしてしまうと、次の人が行う仕事の期日が短くなり、慌てて仕事をしなければならなくなります。
急いでやるのでミスも起こりやすくなり、その次の人にも迷惑をかけてしまうという連鎖反応が起こります。
結果的にミスをしたのは二番目の人なので、自分には責任がないとまるで他人事。
このようなことが“無責任”といわれる原因になります。
仕事は先の先まで考えて行うことが大切です。
このような意識を持つことで、責任感を持てるようになります。

理解力を身につける

上司や先輩に責任感がないと言われるのは、“言われたことを言われたようにできていない”可能性があります。
ちゃんと指示通りにできていれば、責任感がないとは言われないはずです。
指示通りにやらなかった結果、大きなミスをしたり、求めていることと全く違う仕事をしたりすれば、責任感がないと言われても文句は言えません。
とはいえ、上司の指示が不十分なこともあるでしょう。
しかし、それに対して文句は言えないので、理解力を身につける必要があります。
上司が言わんとしていることの本質を理解できるようにならなければ、サラリーマン人生が終わってしまうといっても過言ではありません。
仕事を続けていればスキルアップもするし、成果もあげられるようになって自信もついてきます。
しかし、上司が言わんとしてるいことの本質を理解できないと、自信がついた部下は、理解できない指示をする上司を軽蔑するようになります。
そうなった人は、意識を変えるか辞めるか、二つの選択肢しかなくなってしまいます。
謙虚な気持ちでしっかりと聞くこと、本質を見抜くこと、目先のことだけではなく着地点を見据えることを心がければ、理解力が身についていきます。
本質を理解することは絶対に必要ですが、必ずしも納得する必要はありません。
納得しようがしまいが、会社には関係ありません。
お金を貰っている以上“プロ”ですから、個人的な事情は関係ないのです。
上司が言わんとしていることの本質を理解して、プロ意識を持って仕事に取り組めば、おのずと責任感が生まれます。

将来的な展望を持つ

仕事に対する責任感がないと言われるのは、“将来的な展望がない”からかもしれません。
若い人の場合、今は上司や先輩に教わっている立場ですが、後輩ができれば教育する立場になります。
独身であれば、良縁に恵まれて結婚することもあるでしょう。
子どもができれば、一家の大黒柱として頑張らなければなりません。
そのためには出世して給料を増やし、ひとりの人間として成長する必要があります。
このような将来的展望がないから責任感が持てないのです。
この先どんな未来が待っているのか、自分の将来を真剣に考えてみてください。
仕事に対する責任感を持てるようになるには、今までとはガラッと意識を変える必要があります。
今までは、自分のことを中心に考えていたのかもしれませんね。
今回解説したことを意識すれば、仕事に対する責任感が持てるようになります。
頑張ってください。

おすすめの求人情報
> 自己成長の機会がある企業の求人情報はこちら

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP