WEB・インターネット・ゲーム

UI/UXデザイナーに必要なスキルや特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UI/UXデザイナーとはどういった仕事をするのか?またUI/UXデザイナーに必要なスキルとは?今回はUI/UXデザイナーの仕事を調査しました。

UIやUXのデザインについて

UI/UXデザイナーはWEBデザイン制作現場で活躍する頻度が多くなっており、UIと言うのは簡単に言えばスマホ等で見ている画面であり、UXは体験を指しているものです。UIは利用者がスマホ等のデジタル機器と情報やりとりを行う為にの仕組みの事であり、操作感を設計する事がUIデザイナーには求められる事になります。UIデザインによってユーザーは情報を掴めるようになり、そこから体験に結び付くようになりますから、WEBサイト等はユーザーの操作感UIを意識して、ユーザー体験のUXに結び付けていくような構造にする事が必要です。スマホで情報収集するユーザーは何気なくネットサーフィンし、操作をしにくい、情報が入ってきにくいというのはUIデザインが優れていない証拠でもあり、そういったUIからは商品やサービス購入に至る体験は産まれないと言えます。

求められるスキルについて

企業からすればシンプルな操作で多くの人に目に付くサイトを作る必要があり、それによって多くの人が企業や商品サービスを知ってくれる機会が増えますから、情報が解りやすく操作感も良いデザインと言うのはビジネス成功の鍵になりえます。優秀なUI/UXデザイナーは現在では常に求められており、この分野ではデザイン、エンジニア、ビジネスの間を繋いでいける能力を持った人材が求められるものです。UIデザインは情報整理能力やデザインセンス等を駆使して、ユーザー側の立場に立ちデザイン構築していく能力が必要ですが、UXデザインを仕上げていく時には、デザイン能力だけではなく、エンジニアやビジネスマン、他にも経営や営業、マーケット、ユーザー等の様々なジャンルの方とコミュニケーションを取って、問題をクリアしていく必要があります。

質の高いユーザー体験を提供するまでには、机上やPC上の作業だけではなく、様々なジャンルのスペシャリストと協力しながら作り上げる事が必要であり、理想を言うならばエンジニア、デザイナー、営業マーケティング、経営等を全て体験した経験を持つ方が望ましいです。ただし、そういった人材は希少であり、まずはデザインスキルを備えつつ、様々な体験を行い職種を超えたコミュニケーションを取れる方が求められます。

UX無くしてUIは語れない部分が多い

UXと言うのは製品やサービス利用の体験であり、ユーザーはUIを接点にしてサービスの触れる事になりますから、UXと言うのはUIによって大きく左右されるものです。UIに触れている事自体がUXの一部でもありますし、良質のUXを提供する上でもUIの力が必要になり、体験を無くしてUIは語れない部分があります。サイト作りでは最終的に商品やサービスの体験であるUXを行ってもらいたいですから、その為の答えはUIに表現されるという事になり、デザインされたものはセンスだけで作るのではなく、どうしてこのような操作感になり、情報が提供され、体験に至るようにデザインされているのか説明出来るものにする必要があるものです。直観的にかっこいいというだけでUIを作る事は本末転倒であり、ユーザー目線での使いやすさや情報の並べ方を意識してデザインする必要があります。

ターゲット層によっては文字の大きさやフォントの選択も変わる事になりますし、UIデザインによってUXへ誘導していけるようにフォント、デザイン、色彩、写真、様々なデザイン要素を選択して行く事が求められるものです。UI/UXデザイナーはユーザーが心地良いと思うもの、心地よい体験を行ってもらう為の表現が必要であり、体験に結び付かないデザインは無意味になってしまいます。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る