ITエンジニアのスキルアップ

webショップ、ECサイト運営の仕事とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

webショップ、ECサイト運営とはどういった仕事をするのか?またwebショップ、ECサイト運営に必要なスキルとは?今回はwebショップ、ECサイト運営の仕事を調査しました。

WEBショップ運営の仕事内容は

インターネット上で販売しているショップのことを、WEBショップという形で紹介しています。このWEBショップについては、基本的にネット上の通販サイトの運営を行い、注文された商品を速やかに検品、そして発送を行うことになります。ショップを運営している人は、スタッフの担当を決めていることが多く、担当している管轄で、仕事をしてもらうことを考えなければなりません。1人で仕事をしている場合は、全ての権限を自分が持つことになります。

基本的に、注文は自動的に送られてくることになり、その情報を確認する人がいます。スタッフが確認して、明細を作ったのち、検品を行っている人に渡します。検品を行う人は、販売されている商品をチェックして、問題がないかを確認します。問題が残っている場合は、注文している人に連絡を入れるように指示を出して、残りの商品に問題がないかを確認します。すべての商品に問題がなければ、発送担当の人に引き渡します。

発送担当は、指定されている発送方法によって、必要な商品と明細書を送ることになります。場合によっては、明細は入れないまま、商品だけを発送することになります。注文している人によっては、発送方法が使えないものに設定されていて、修正をお願いすることもあります。発送が終わった後は、連絡を担当している人に、この番号で送付していることを伝えて、メールを送信してもらうことになります。

この一連のサイクルによって、WEBショップは運営されることになります。クレームについては、基本的にメールを送信する人が担当することになり、他の担当の人と協議して解決に当たります。

店によっては、買取業務も行っているところがあります。買取の場合は、メールのやり取りを行いつつ、送られてくる商品の検品をする担当と、査定を送る担当に分かれて、スムーズに担当できるようにします。

ECサイト運営の仕事は複数に分かれる

商品を販売しているサイトの中には、ECサイトのような商品を登録して、販売されているショップが参加できるものもあります。こうしたサイトの場合は、複数の仕事に分かれることになり、仕事は複数に分けて行うことになります。対応している人がしっかりと対応していなければ、商品を販売することが難しくなってしまうこと、そして、ショップ側にも迷惑を替えけてしまうことがあるので、対応は速やかに行わなければなりません。

仕事内容は、商品を登録する作業があります。登録されている商品から、注文を受けることになりますが、この注文を受けた後は、倉庫担当に在庫の確認をしてもらうことになります。担当している人は、在庫があるかを確認し、問題がなければ商品発送を担当している人にお願いし、速やかに発送してもらいます。

他にも、サイト自体の運営を担当する人がいます。様々なサイトの状況を見て、現在のECサイト運営がうまくいっているのか、数字などを判断してしっかり対応している人がいます。こうした人がサイト上の管理を行いつつ、目標設定を行っていることが多いです。目標に届かない場合は、マーケティング担当と協議を行って、速やかに目標に達するためにはどうするかを検討しています。

ECサイトは、マーケティングもしっかり行わなければならず、対応する人は、キャンペーンなどで呼び込むための施策を行います。これによって、通常のWEBショップに比べると、お客さんを呼び込みやすくなります。これらの仕事をサイクルという形で次々と行うようにしており、仕事をしている中で、トラブルが起こらないように徹底的な管理をしています。どこかの担当になっている場合は、問題が起きないようにチェックを欠かさずに行わなけばなりません。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る