ITエンジニアのスキルアップ

webディレクターの仕事と必要なスキルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

webディレクターとはどういった仕事をするのか?またwebディレクターに必要なスキルとは?今回はwebディレクターの仕事を調査しました。

webディレクターの仕事内容とは?

webディレクターとは、監督、または指揮をとる人の総称であり、webサイトなどを開発する際に、webデザイナーやwebプログラマーなどのスタッフを総まとめし、さらには現場を一つにまとめ、そして進行を管理するという仕事になります。主に、webサイト制作などのプロジェクトの管理や、さらには全体の進行の管理、そして品質管理などを行うと言う仕事になります。チームを一つにまとめ、クライアントの要望をしっかりと汲み取るように制作管理をし、そして作業の現場を管理していきます。品質と納期を管理しなければなりませんので、もしも作業が遅れてしまったり、修正が必要な場合は、webディレクターが指示をだし、全体の作業の効率化を促し、サイトの完成を目指します。

webサイトの制作は複数になることも多いですので、同時進行も珍しくはありません。このため、これらの制作の進行ををすべて同時に管理するという管理能力が必要とされる仕事であり、また大勢のスタッフをまとめるため、コミュニケーション能力やリーダーシップなどが求められる仕事です。また、Webサイトのコンテンツの品質などを向上させるため、企画、そして取材にも関わる必要があります。また、職場によってはディレクターが、プランニングなども兼ねていることもあります。

webディレクターに必要なスキル

webディレクターは複数のプロジェクトなどを同時進行で任せられるケースも少なくありませんので、これらのスケジュールをしっかりと管理をすることができる、スケジュール管理能力が必須となります。また、納期を守りながら、どれだけ時間がかかるのか、ということなどを見定めて各担当者に的確な指示を出せなければいけません。さらに、品質の良いwebサイトを作成するためには、プランニングやデザイン、そしてプログラミング、コーディングなど、webに関しての幅広い知識や技術、そして経験が必要とされます。

制作に関しては各スタッフ、担当者が行いますので、これらの技術面に関しては、必要がありませんが、webディレクターには、その分コミュニケーション能力や、リーダーシップが求められます。さらに、クライアントと現場などの橋渡しの役割もあります。このため、情報を正確に伝え、そして相手の要望に沿ったものを作り上げることが必要です。

webディレクターになるためには

webディレクターになるためには、特別な資格が必ず必要であるというわけではありませんが、資格があれば有利に働くこともあります。たとえば、webディレクターに関する資格として、「webディレクター試験」というものがあります。こちらは、社団法人全日本能率連盟登録資格が行っている、資格試験です。こちらの資格を持っていることで、webディレクターとしての専門知識を持っているという証明になり、実践スキルがあるとみなされることも多いので、転職には有利となります。

これらの資格は、専門学校や各種スクールで取得することも可能ですが、独学で試験を受けることも可能です。また、webディレクターとして活躍している人の中には、webデザイナーやwebプログラマーなどのスタッフとして、経験を積み、其の後ステップアップをするというケースが少なくありません。さらに、他の職種から転職をする方もいまでは増えています。webディレクターとして活躍するためには、人々をまとめ、そして管理をしてきた経験が優遇され、未経験者が挑戦をするのは非常に難しいといえるでしょう。まずはweb関係の仕事に就き、ステップアップを目指すというのが最適な方法であるといえます。

eyecatch_079
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る