タグ一覧

仕事の途中で帰りたいと思った時に取るべき行動

仕事をしているとふと気が緩み、無性に家に帰りたいと思うことがあります。実際に帰る人はほとんどいませんが、多くのサラリーマンがこの辛い感情とどのように向き合ったら良いのかという悩みを抱えています。

 

風通しのいい企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

実は短時間の現実逃避は効果が高い

会社から帰って家でテレビを見たりネットサーフィンをしたいと思った時には、ひたすら我慢して耐えるのではなくプチ現実逃避をするのが有効です。
プチ現実逃避とは、その名の通り目の前のやるべき仕事から意識をそらすことです。
具体的には今取り組んでいる仕事を一端横に置いて、ひたすら夢想に耽けます。

たとえばイメージの中で、前から行ってみたかった海外旅行に出かけている自分を想像するのです。
ハワイやグアムなどのリゾート地のビーチで、ゆったりとカクテルを飲みながら海を眺めている光景をイメージするのです。
すると家に帰りたいという気持ちが一時的に和らぎます。
パソコンを使っている仕事の場合は、デスクトップの背景を好きな画像に変更することで、しばしの間空想に耽ることができます。

ただしネットサーフィンをして遊ぶのは危険です。
会社側が個人のパソコンからサーバへのアクセスログを解析すれば仕事をしていないことがバレてしまうからです。
また帰宅した後に、家で音楽を聞いたりお風呂に入っている様子を想像することで、ストレスを解消することができます。
これらの現実逃避の方法は脳内だけで完結できるので、職場から家に帰りたいと思った時にオススメです。

脳内物質を出しまくり、やる気を取り戻す

次にオススメする方法は休憩時間中にできる方法です。
具体的には脳内物質を出して気分をリフレッシュする方法になります。
まずはカフェインが良いでしょう。
カフェインは刺激性のある物質ですが、眠気を吹き飛ばして頭の回転を良くする働きがあります。
カフェインの摂り過ぎは心臓に良くありませんが、コーヒー1,2杯程度なら問題ありません。

また散歩によるミニ帰宅も脳を騙して気分転換する良い法です。
ビルなどの建物内で仕事をしている場合には休憩中に帰宅経路に沿って5分ほど歩きましょう。
すると脳は「これから帰宅するところで家に帰りたいという願望が満たされる」と勘違いし、願望が弱まっていきます。
実際には帰宅せずに職場に戻って仕事に復帰することになりますが効果は絶大です。
また通常は、オフィス内で換気を行っていても空気が淀んで酸素不足になりがちです。
そこで短時間の散歩をすることによって新鮮な空気を取り入れることができるようになります。
ただし、あまり長く散歩し過ぎると本当に帰りたくなくなるので注意が必要です。

逆に避けた方が良いのはタバコやスマホゲームです。
タバコは肺に悪いだけでなく、脳も低酸素状態に陥る可能性があるのでできれば電子タバコで代用して体への悪影響を減らすのが得策です。
スマホゲームが悪いのは中毒性があるためです。
ゲームをクリアしないかぎり仕事中もゲームのことを考えてしまうようになり、仕事が手に付かないという状況に陥りやすくなります。
そうなるとますます家に帰りたいと思うようになり、悪循環となってしまいます。

仕事を割り振るか延期して実際に帰ってしまう

中には、どうしても仕事を途中で投げ出してすぐに家に帰りたいという人もいるはずです。
子どもの生まれる特別な日だったり、大切な記念日であれば早く帰りたいと思うのは普通のことです。
このような時は、代わりに仕事を引き継いでくれる人を探してお願いしましょう。
お願いするからには相手が困ったときは逆に自分が助けるなどのお礼をすることは必要になります。
しかし助け合いの精神のある職場であれば大丈夫でしょう。

また仕事に締め切りが設定されている場合は思い切って上司に「仕事が終わらないので延長をお願いしたい」と願い出ることも可能です。
職場での自分の評価は下がる可能性がありますが、どうしても家に帰りたい用事があるのであれば仕方ないことと言えます。

 

風通しのいい企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様