タグ一覧

Uターン・Iターン転職のメリット・デメリット

政府や地方自治体の地方活性化事業に伴い、Uターン・Iターンと呼ばれる転職スタイルも盛んになってきました。都心でなく、地方で転職をすることのメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか?

 

ワークライフバランスを重視した企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

そもそもUターン・Iターン転職ってなに?

Uターン転職もIターン転職も、「地方で働くこと」に変わりはないのですが、そのプロセスが少し異なります。
まず、Uターン転職は元々地方(地元)で生まれ育った人が大学進学・就職などの理由で、都心へ出たとします。
その後、転職を機に生まれ育った地元で転職活動を行い、地元の企業・団体に就職する、というものです。
一方、Iターン転職は、元々都会で生まれ育った人が、あえて自然が豊かで人口が少ない地方で転職活動を行い就職し移り住む、というものです。
最近では地方だからこそできる事業や、人口減少に歯止めをかけるために若者の移住を優遇する政策などが活発で、このUターン・Iターン転職も活性化しているのが現状です。

それぞれのメリット・デメリットを2ずつ解説

それでは次に、両者の転職におけるメリット・デメリットについて解説していきます。

Uターン転職のメリット

Uターンの場合、生まれ育った地元で働くことになりますので、その土地で活動する企業にとっては人材として歓迎されることが多いです。
土地鑑もありますし、地元ならではの人柄にも対応営できるので、どんな業種であってもスムーズに溶け込める資質を持っていると判断されるからです。
求人自体も「Uターン転職者歓迎」と記載されていることも少なくありません。
また、何より自分にかかる精神的・体力的な負担も軽くなるかもしれません。
都心の満員電車や汚染された空気から解放されるので、こうしたストレスを感じないという点でUターン転職を選ぶ人も多いようです。

Uターン転職のデメリット

デメリットは主に2つです。
1つは、「給料が大幅に下がるかもしれない」ということ。
もう1つは、「都心に比べて求人数が圧倒的に少ない」ということです。
都心と地方では、物価や生活水準が異なります。
地方では比較的安いですが、その分これまでよりも給料が低くなる可能性は十分にあります。
また、地方は求人数も少ないです。
特に、地方公務員のような安定しているところへの転職では、“求人倍率が10倍以上”というところも少なくありません。
その他、企業の求人もやはり都会に比べると少ない傾向にあります。

Iターン転職のメリット

「都心のせわしない生活から抜け出したい!」「人の少ないところで活躍したい!」という気持ちを持っている人にとっては、Iターン転職は打ってつけの手段でしょう。
都心では人が多い分、常に激しい競争の波に揉まれる環境にありますし、自分が中心になって活躍できる場も少ないです。
当然、自然が好きな人にも大きなメリットでしょう。
また地方では、都心の優秀な人材(特に2、30代の若者)が移住してくれることは歓迎されるので、転職のフォローや移住における家賃・生活費の優遇措置なども積極的に行われています。

Iターン転職のデメリット

地域にもよりますが、ほとんどの地方では“人間関係のつながりが強い”です。
なので、都心で生まれ育った人にとっては、濃い近所付き合いや転職先での行事の多さなどに慣れるまでには時間がかかるかもしれません。
そしてやはり、“不便さ”は人によってはかなりのデメリットでしょう。
インターネットがつながりにくい、一番近いスーパーまで車で20分、電車の数が30分に1本しかない、など地方ならではの特色があります。
都心の生活では考えられないことがたくさんありますので、Iターン転職を考えている人は、事前に入念な下調べが必要でしょう。

まとめ

Uターン・Iターン転職において大切なのは、「自分がその土地で本当にやっていけるかどうか」をしっかりと検討することです。
仕事としては満足できても、生活自体が上手くいかなければ長く住むのは困難かもしれません。
特に都心育ちの人は尚更です。
地方にはたくさん良い点があり、ビジネスとしての、未開拓の成功のチャンスもまだまだ転がっています。
しかし、勢いだけの転職、物見遊山での転職は自分が損するだけですので、慎重に検討するようにしましょう。

 

ワークライフバランスを重視した企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様