タグ一覧

話しかけやすい雰囲気をつくるには

「人と話すのが好きなのに相手から話しかけてもらえない…」こんな人は、自分で気づかない意外なところに原因があるかもしれません。自分がここでのポイントに当てはまっていないか、今一度見直してみてください。

 

風通しのいい社風の企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

話しかけてもらいやすい雰囲気の作り方【5つ】

話しかけられやすい雰囲気とはどのようなものでしょうか。
5つのポイントから考察していきたいと思います。

こちらから話しかける

何事もそうですが、待っているばかりでは何も始まりません。
相手に話しかけて欲しいと感じているなら、こちらからも積極的に話しかけるようにしましょう。
仲良くなりたいと思っている人がいるなら尚更です。
これが有効なのは、話している相手だけでなく、「あっあの人、人と話すのが好きなんだ!」と、見ている周りの人たちにもアピールできるからです。
初対面の人やまだ関係が浅い人の前では、自然に壁を取り除くために効果的な方法でもあります。

感情表現を豊かにする

相づちやリアクションの感情表現が豊かな人と会話をしていると、それだけで楽しい気分になりませんか?自分から積極的に話かけるのが苦手な人は、リアクションを工夫するだけでも、人から話しかけられやすい雰囲気を作ることができます。
特にこちらから多弁になる必要はありません。
たとえば、相手が「この間、こんな面白いことがあって…」と話しかけてきたとき、「あぁ、うん」という暗い単純なリアクションを取るのではなく、「うん、それでどうなったの?」と聞き返してみましょう。
会話が続きますし話題も広まるので、“話を聞いてくれる人”という印象を持ってもらうことができます。

マイナスな話はしない

“話しかけやすい人”とは、つまり“話していて気持ちが落ち着く人”でもあります。
話しにマイナスな内容が多いと、聞いている側も暗い気持ちになります。
話しかけられやすい雰囲気をつくるためには、普段からプラスの話をするように心がけましょう。
仕事をしていると、ついつい愚痴や不満ばかりが口から出てしまいがちですが、そこは少し抑えて明るい話題をするといいです。
また、相手が愚痴や不満を言ってきたときは、それを笑い話に変えたりすると、その場の雰囲気も良くなります。
「辛いこともあるけど、この人と話していると何だか楽しくなってくる」と思わせることができれば、自然と相手から話しかけてくるでしょう。

格好つけすぎない

男女問わず言えることですが、服装や髪形をはじめ、ファッションがキチっとし過ぎているのは、話しかけにくい雰囲気を作っている要因でもあります。
個性が強いファッションも同じです。
話しかけられやすい雰囲気を作るには、こちらから相手にスキを見せることも大切なのです。
格好をつけすぎないのも考え物ですが、あくまでも自然体でいることがコツです。

一人でいるときの雰囲気も大事

話しかけられない人は、一人でいるときの雰囲気にも特徴があります。
人と話している時は明るくても、一人でいるときは仏頂面で“話しかけるなオーラ”がプンプン漂っている人がその典型的なタイプです。
自分ではそんなつもりはなくても、相手にはそう見えている場合もあるのです。
よく例に出されるのは、街を歩いていてアンケートやティッシュ配りの人に声をかけられる人とかけられない人です。
もちろん、かけられる人は話しかけられやすい人で、後者は“話しかけるなオーラ”が出ている人です。
こうした場を利用して、自分がどちらのタイプかを実験してみるのも良いかもしれません。

話しかけられるようになると、こんなメリットが!

話しかけられることによって起こる、自分に有益なことはたくさんあります。
もっとも大きなメリットは“人間関係が広がること”でしょう。
人間関係が広がることは、ただ単に知り合いが増えるだけではありません。
自分の知らない価値観を持っている人、普段出逢うことのない気の合う異性と出逢えるきっかけとなり、世界が広がります。
そして、こうした出来事は、家族・仕事・趣味など、あらゆる面から自分の人生をより豊かにしてくれるものです。
「俺は一匹狼だから別に人と話さなくてもいい!」と思っている人へ。
その壁を一度取り除いてみてください。
それだけで人生に思わぬ転機が訪れるかもしれません。

 

風通しのいい社風の企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様