タグ一覧

仕事での自己成長を確認する方法

仕事には、中学・高校におけるテストや受験のような、自分の成長を知るための機会がほとんどありません。仕事で自分の成長を確認するためには、どのような取り組みが最適なのでしょうか。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

なぜ自己成長の確認が必要なのか?

そもそも、なぜ自分の成長を確認する必要があるでしょう。
それはひとえに、“人生を楽しむため”です。
毎日仕事に行って、それなりに業務をこなして帰宅する。
こというサイクルが続くと、人は自然と生きる気力を失くしていきます。
仕事の中で成長していることを日々実感し続けられることは、人間としての成長を実感していることにもなり、ひいては自分の人生を豊かに彩ることにつながるのです。

仕事での成長を確認できる3つの方法

さて、問題は、「どうすればそれを実感できるか?」です。
もちろん、「数年前より仕事の効率が上がった!」「大きなプロジェクトを任されるようになった。
」ということも成長を実感できる瞬間です。
しかし、この感覚は、それを得られた一瞬にしか得られません。
自己成長の確認は、”継続的に”行えることがよりモチベーションを挙げる秘訣となるのです。
ということでここでは、”継続的に自分の成長を確認できる方法”を3つ紹介します。

目標達成シートを作成する「大目標より小目標」

自分が成長しているかどうかを確認できないのは、“成長そのものは実態として目に見えないもの”だからです。
ならば方法は、成長を“視える化”してしまうことです。
そのためには、自分が「このように成長していきたい!」という目標をまず紙に書き出してみましょう。
そして、その目標を段階的に達成するための方法を、計画し、仕事の中で進めていくのです。
その計画は壮大なものでなくても構いません。
どんな細かい事でもいいのです。
例えば…

という感じです。
こうした目標を書き出すときのポイントは、より具体的に計画をすることです。
「30分以内に」「○○さん」というように、数字や人物を明確に交えて書くことによって、達成できたかできていないかも明確にわかります。
そして、いきなり大目標を掲げるのではなく、あえてそれを細分化して小目標を多く設定することが大切です。
ハードルの低い目標を徐々に達成していくことで、モチベーションが切れることなく、自分の成長を実感することができます。

資格取得に挑む「成長の証明」

仕事に関わる資格を取得することも、自分の成長を目に見えて確認することができる方法です。
資格は単に社会的な外からの評価に役立つものではありません。
何よりも、「自分がその資格に値する知識・能力を得ることができた」ということを、成長として証明してくれるものなのです。
不動産関係であれば、宅建や行政書士、銀行員ならFPや銀行業務検定、介護職であれば介護福祉士や社会福祉士、などなど。
これらの資格を取得することは、もちろん会社からの評価にも影響しますので、給与や賞与のアップなど、“待遇面での成長”も期待できます。

他己評価 「客観」

さらに、他者からの評価も自分の成長の参考になります。
仕事の中ではなかなか自分のことを評価してくれる人はいないものです。
いたとしても、性格や行動を褒めてくれる、という程度でしょう。
時には、上司や先輩などに、「入社から何か変わった部分はありますか?」「もっと成長した方が良いのはどこでしょうか?」というように質問をして、評価をお願いしましょう。
自分で気づかない意外なところに成長の種が見つかるかもしれませんし、反対に、自分の弱みを発見できるかもしれません。
こうして受けた他者からの評価も、記録として“視える化”しておくことをお勧めします。
一か月後、半年後、一年後に、それを見返して、今の自分と比べてみるとより成長を実感できる材料になります。

まとめ

いかがでしたか。
この3つの方法に取り組んで、常に自分の成長を確認できる環境を作ってみてください。
仕事だけでなく、日々の生活での心の豊かさにもつながるはずです。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様