タグ一覧

店長の仕事とは。仕事内容と必要なスキル

一口に「店長」のといっても業種によってその仕事内容は様々です。 コンビニ、飲食店、アパレルショップ、携帯ショップなどたくさんあります。 ですが、店長として求められる業務の形態や必要なスキルには共通している部分がいくつかあります。 今回は、どの業種でも共通する仕事内容や、店長として求められる必須スキルを紹介します。

 

店長の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

店長の仕事内容

店長の仕事内容は主に次の7つです。

要するに店長という仕事は、お店のほとんどの業務をこなさなければならない、その店のスペシャリストです。
接客に関しては他の従業員が中心となって行う場合もありますが、まったく店に出ない店長はいません。
新人教育や研修の際には、実際に自分が手本となって接客フローを指導しなければなりません。
他の従業員との大きな違いは、やはり「お金の管理」です。
ここで言うお金の管理とは、お店の売上に関することや従業員の給料といった、お店にかかわるお金全般のことです。
お店の規模によっては、自分で日別~年間の予算を組んで、それをもとに販促費や人件費の計画を立てたりする等、すべてを担う場合もあります。
ですので、別の仕事から転職して店長になった人であれば、経営や人事に関する知識・経験、簿記・FPといったお金に関する資格は大いに役立つはずです。

責任感が非常に大きな仕事ですが、それに比例してお店の売り上げが上がった時、従業員やお客さんから感謝の言葉をもらった時などの喜びは何物にも代えがたいものです。

店長に必要な3つのスキル

1.実務経験

小売店や飲食店の店長として働く人は、アルバイトや社員として勤務していた経験がある人が有利です。
現場で実際に働いていた知識と経験を存分に生かせるためです。
たとえば、飲食店では料理の提供の仕方1つにも厳しい決まりがあるところもあります。
これらのルールを覚えた状態で店長となるのか、まったく0から始めるのかでは、どちらがお店の運営が円滑にいくかは簡単にイメージできると思います。
また長年勤めている人の中には、複数人の店長と関わってきた経験がある人もいるため、多角的な視点からお店の運営を進めていける強みがあります。

2.コミュニケーション能力

日常からアルバイトや社員とのコミュニケーションを取り、仕事に対するモチベーションを上げさせて雰囲気を活気づけなければなりません。
一人ひとりの従業員としっかり関わり、「頼れる店長」としての立場を醸成していく必要があります。
業務について悩みや不満がないか、人間関係はうまくいっているかなどを積極的に話しかけて引き出すことが大切です。
コミュニケーション能力やリーダーシップがある人であり、本当の意味で「頼れる店長」であれば、従業員の方から自ずと関わってきてくれるでしょう。
自分が持っている、お店やお客さんに対する愛情や従業員を大切にする姿勢を、いかにうまく伝えるかがそのためのポイントです。
関わり過ぎず・放置し過ぎず、といったバランス(適度な距離感)を持てることが大事です。

3.賢い決断力

店長には大小含めて、お店の利益や将来を左右する決断を迫られる場面がたくさんあります。
こうした時に、いかに冷静に対応し、できるだけ正解に近い決断をしなければなりません。
決断だけならば誰でもできますが、ある1つのトラブルに対してお店・従業員・お客さんの三方向全員が利益を得る(もしくは損をしない)ような、賢い選択をするのは簡単ではありません。

自分のこれまでの経験や想定できるイメージの中からあらゆるリスクを考慮して、いざ問題が起こった時にそれを回避するための賢い決断力をつける努力が求められます。

 

店長の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様