タグ一覧

非マネージャーにもリーダーシップは必要か

マネージャーではないチームメンバーや社員にとって、リーダーシップは必要なものなのでしょうか。マネージャーにとってリーダーシップは必須の条件といって間違いないと思いますが、マネージャーではない人にもリーダーシップがあれば、会社やチームにとって大きなメリットとなり得るのではないでしょうか。

 

リーダーシップを発揮できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

リーダーとは

リーダーとは、主にチームにおいて目標を定め、その目標達成に向けてチームを引っ張っていく先導役として認識されているかと思います。
リーダーシップとは、このようにチームを先導する者がとる行動と、その背景にある考え方の双方を指しているものです。

リーダーの役割はチームにとって非常に大きいため、チームのマネージャーとなる人は必ず何らかの形でチームのリーダーとなっているはずです。
マネージャー = リーダーという図式は特に違和感なく受け入れらると思いますが、ではマネージャーではないチームメンバーにとってリーダーシップは必要なのでしょうか。

非マネージャーにリーダーシップがない場合

マネージャーではない人、例えばとある部署のいち社員が、リーダーシップは上司が発揮するもので、自分にはまだリーダーシップは必要ないと考えているとしましょう。
そのような場合の、その社員の仕事に対する考え方はこのような傾向があるのではないでしょうか。

このような社員は自主的に行動することができず、最終的には不満を抱えて会社を辞めてしまうか、常に愚痴をこぼしながら仕事をするような、周囲のメンバーに悪影響を及ぼすことにもなりかねません。
もしくは、与えられた仕事はとにかく一生懸命こなすけどなんとなく扱いにくい人、というような存在になりがちです。

非マネージャーにリーダーシップがあれば

非マネージャーにリーダーシップがある場合、先述した内容とまったく逆のことが起きるでしょう。

マネージャーにとってリーダーシップは必須条件ですが、非マネージャーにとってもリーダーシップは必要な条件であるといえるのではないでしょうか。

会社やチームの方針として、いちメンバーは上司から言われた仕事だけを黙々とこなしていればいい、というようなことであれば非マネージャーにリーダーシップは必要ないでしょう。
しかし、ここまで読んでいただければお分かりかと思いますが、それでは自ら動く部下は育ちません。

非マネージャーがリーダーシップをもつためには

自ら動く部下となるために、非マネージャーがリーダーシップを持つには何が必要なのでしょうか。
それは、会社やチームの環境です。

リーダーシップとは、一朝一夕で身につくものではありませんし、人それぞれの個性としてそもそもリーダーシップをもてない人も少なからず存在しています。
そのため、まず第一にリーダーシップの素質がない人を見極める採用システムの構築と、第二にリーダーシップの素質を持った人のやる気を削がない環境の構築が必要となります。
ここではその2つの詳細については触れませんが、この2つの環境を整えることで、自ら動く部下が育ち、会社やチームの発展に大きく貢献することとなるでしょう。

また、非マネージャーの人は、会社やチーム全体の利益を最大化するために、同僚や上司とも議論し、対立できるだけの度胸と根拠をもつための努力をしなければなりません。
摩擦を恐れては成長はありません。
ただし闇雲に摩擦を起こすのはチームの和を乱すだけです。
「会社や上司は自分の意見を受け入れてくれない」というようなことを思いつつ仕事をしているようであれば、それはただの不満となり、結果的にリーダーシップのない人になってしまいます。
そうならないために、チーム全体がより良くなるにはどうしたらいいのかを必死に考え、そのアイデアを極力スムースに実行することが必要です。

 

リーダーシップを発揮できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様